FC2ブログ
ASTAPはPlateSolver、スタッキング(位置合わせにPlateSolverを使用できる)、画像処理まで行える多機能なソフトです。(Mac、Windows、Linux全ての環境で使用できます。)

今回はASTAPでのスタッキング処理の手順のみを記載します。

私自身まだ未理解の部分も多いので簡易の手順としてご確認ください。


181.jpg

ASTAPを立ち上げると上図のウィンドウが表示されます。
赤枠部分をクリックしてスタッキングメニューウィンドウを表示してください。
※画像を読み込んだ際のプレビューは画像プレビュー部分に表示されます。

ASTAPはこの画面と下図で登場する上部にタブが多数あるStacking Menuウィンドウで操作する感じです。


182.jpg

1.上部の Image タブクリック
2. Browse ボタンをクリックし、処理する画像を選択する


183.jpg

1. Option ボタンをクリック
2.フリップメニューから選択する画像のファイルフォーマットを選択
3.リストから読み込む画像ファイルをコマンドキー(WinやLinuxはコントロールキー)+クリックで選択(複数枚選択可能です。)
4.Open ボタンをクリック


184.jpg

そうするとスタッキングメニューウィンドウに画像ファイルの情報がリスト化されます。
ちゃんと表示できるかリストをどれか一つをダブルクリックして画像プレビュー画面に表示されるか確認してください。(この作業を怠ると下記fitsファイルへの変換ができなくなるようです。)
リストが?で表示されています。

仕様的にfitsファイルに変換が必要なようなので以下操作を行います。


185.jpg

1.リストから読み込む画像ファイルをコマンドキー(WinやLinuxはコントロールキー)+クリックですべて選択
2. Analyse and orgainse images ボタンをクリック

fitsファイルへの変換が始まると青枠部分にログが表示されます。


186.jpg

赤枠部分が?から情報表示に変更されれば変換終了です。


187.jpg

ダークファイル、フラットファイルがある場合は上部タブをクリックして上記変換操作を行いましょう。


189.jpg


スタッキングのためのアライメント項目を設定します。
売りであるPlateSolverを用いた位置合わせもここで設定します。
(今回のファイルではPlateSolverが解析できなかったので推奨されているStar Alignmentを使用します。

1.Alignment タブをクリック
2.Star Alignment ラジオボタンを選択

上記で設定が終わりです。
イメージタブでスタッキングする画像を選択してから

3.Stack check marked image ボタンをクリック

これでスタッキング処理が行われます。
進行状況はログウィンドウに表示されます。


190.jpg

処理が終了したら
1. Results タブをクリック
2.リストにスタッキングされた画像ファイルがあるのでダブルクリック→プレビュー画像表示部分で確認
(何故か実際の画像の明るさと異なる表示になりますが、ファイルを書き出すと元に戻ります。)


191.jpg

1.アプリケーションメニューより File をクリック
2.書き出したいファイル形式を選択して保存(私はフォトショップで画像処理したいのでTiffにしました。)

192.jpg

私は画像処理は使い慣れたフォトショップで行いました。
ASTAPにも画像処理機能がありますが、まだ使いこなせておりませんし長くなりそうなので今回はスタッキング手順のみで終わりにします。

触り程度の内容になってしまいましたが、興味ある方はお試しください。













スポンサーサイト



以前の記事にも記載しましたが、新しい我が家は観測機器を置ける広場や、駐車場まで150mほど距離があります。(もう少しあるかも。。)
観望だけでも2〜3回、望遠鏡などで撮影を行おうと思うと機器の構成にもよりますが、4〜6回の往復が必要になってしまいます。

歩道の舗装もあまり良い状態とは言えず、坂などもあるためずっと天体機器の運搬方法を考えていました。
私が所有している機材サイズと照らし合わせなんとか移動回数を1回で終えられる運搬機材をと考えていましたが、考えた挙げ句これにしました。

◆8/22まで7,980円◆ キャリーカート 折り畳み おりたたみ 買い物 軽量 4輪 頑丈 耐荷重 250キログラム 大容量 187L 大型 タイヤ アウトドアキャリー キャリーカート タープテント テント チェア 持ち運び可能 台車 運搬 アウトドア 段階 キャンプ ワゴン ロング

価格:7,980円
(2019/8/22 12:06時点)
感想(1件)




長さが心配でしたが、三脚(もしくはピラー)や、屈折望遠鏡など、使用しているものが90cm以内に収まっているため横にして入れられます。
(我が家で一番の大物のビクセン対空双眼(125mmとC9も余裕です。)

高さがあるので下に折りたたみのコンテナなどを引いて2段に収納できます。
更に、荷物を多く入れても、上部のフレームが全方法にあるため三脚などはフレームに乗せて運ぶこともできそうです。(意外とこれができそうなものが無かった。)

まだ届いていませんが、計画どおりならひとまとめにして運搬することが可能になるはずです。

準備はできました。

あとは晴れるのを待ちましょう。。

以前記事にしましたが、現在の我が家では庭先から観望が出来ません。。。

直線距離にして50mほどのところに広場があり、引っ越し当初はそこで観望すればいいやと、たかを括っていましたが、最短距離で移動すると林をくぐっていかねばならず、最低でも4回(望遠鏡、架台、赤道儀、電源・接続機器・PC(もしくはタブレット)の移動が必要になります。。。

機材類は二階にしか置くところが無いため、二階から重い機材を四往復。。。。しかも暗く足場が悪い状態です。
歩道を通れば150mくらいになってしまうため、なんともきつい状況になります。。。。。。

幸い(不幸?)なことに今年はあまり天候に恵まれず、撮影機材を持ち出す状況になっていません。(泣)
ロケハンで観望地も見つけましたが、駐車場までも同様に150mほどあるため、上記の四往復する状況は変わりません。。

幸い天候が悪く(苦笑)考える時間だけはあります。
移動回数を減らすのであればキャリーワゴンとか有用かもしれません。

コールマン アウトドアワゴン Coleman OUTDOOR WAGON (テント タープ テーブル チェア 等の運搬に コールマンアウトドアワゴン)2000021989 キャリーワゴン キャリーカート

価格:8,259円
(2019/8/19 17:50時点)
感想(286件)




なんとか移動は一回に抑えたいので、(移動している間に曇られたくない)運搬機材のリストアップとサイズの確認をしないといけませんね。。
(失敗した場合、キャリーワゴンも荷物になりますし。。。。)


て、いうか、晴れてください。。。。。。今が見頃の木星・土星が。。。。。。。



プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
アクセスカウンター