FC2ブログ
以前Windowsでの天体システムからINDIに移行する際、機材と接続するのをSBCにするかMiniPCかタブレットにするか迷ったときがありました。

ラズパイ3→転送系が遅い
タブレットPC→UBUNTUに不具合
NanoPi=M4→グラフィック系のドライバが不安定、使用できないソフトがある(最近ようやく改善)


と、どれも帯に短し襷に長しといった状態で決定打がないと感じていました。

・天体機器を接続するのでUSB端子が多数欲しい
・そこそこの処理能力で省電力(バッテリーで動く)
・安定環境(システム、ドライバ共)
・4GB程度のメモリ(画像処理の高速化Ubuntuならこれだけあれば充分)


あたりを考察するとNUCあたりが最善かなと思っていました。
そんな折、ネットを徘徊していたら中華の海外通販サイトで表題のBeelink-AP34を見つけました。

・インテルチップセットを使用(システムのドライバで悩まなくて済む)
・ギガビットイーサ、USB3搭載(足回りがしっかりしている)
・eMMC64GB搭載(NUCは別売り、NVMe.M2 SSDも追加可能(ハーフサイズで高いが。。)
・メモリも4GB搭載(NUCは別売り)


と良い線いっているように感じ、思わず購入(昨年ですが)

確かに上記要素満たしており、ドライバなども安定して使用でき、これが天体用のシステムをまとめる予定でした。。。
しかし、購入後一箇所だけ計算外の項目がありました。

なんとUbuntu標準のGRUB(システムブートローダー)が使用できず、UbuntuのインストールにrEFIndが必要だったのです。。。
このrEFIndがなかなかの曲者でときたま起動ディスクを取り違えることがあります。
(使用できないGRUBで起動してしまう)
そうなると、リモートでは操作出来ないのでモニターやキーボードを接続してGRUBを終了し、rEFIndで立ち上げ直さないと駄目。

現場でこんな面倒な作業が起こったら、時間ばかり過ぎてしまいます。
で、結局無難に使えるラズパイ3に戻る。。と

しかし、それから1年以上経過し、最近になってNanoPi-M4はシステムなど安定してきました。
この調子であればBeelink-AP34も改善できるかも、と淡い期待を込めて本日作業の合間に設定を試してみました。

システムが立ち上がらない。。。

まあ、もともとがWindowsマシンなのでこんなときは慌てずにBIOSを呼び出せばなんとかなるでしょう。

BIOSも表示されない。。。

。。。

しょうがないので、SSDを取り出し、外付けドライブにしてNanoPi-M4で中身を確認します。

確認した所システム・SSDも無事なようです。
しかし設定した箇所に付随するファイルのみ無くなっているようでもとの状態に戻せません。。。。

。。。うーん

結局SSDを数度出し入れして、設定をその都度調整してみましたが一向にブラックアウトしたままです。


。。。これはダメかもしれない。。


と、考えた矢先ふとあることに気が付きました。
このマシンはBIOSの呼び出しがDeleteキーみたいですが(これもネットで確認、F7とか書いてあるところも。。)
接続していたのがMacのキーボードでDeleteキーが2つあります。

。。。ひょっとして、キー配置ずれてます?

つないであったキーボードを変更した所、あっさりBIOS登場、システムを選び直した所、無事復旧。。。

ネットで調べること数時間、SSDの出し入れ5〜6回(その都度分解)、それがキーボードを変更するだけで治るとは。。。。

なかなかハマった一日でした。



スポンサーサイト



昨日非常に大型で全国で大きな被害を及ぼした台風19号。

現在の住まいは林の中の私有地にあるような所なので、倒木の被害が心配されました。
当日にできる限りの準備を整え、風が弱まった時に車の駐車場所(家より150メートルほどの距離)を移動したりなど、明け方近くまで対処のため起きていたので、本日は寝坊(苦笑

本日は昨日が嘘のような快晴ですが、さすがに疲れたので本日は星見はお休み。
散らばりまくった小枝や葉っぱの後片付けや買い出しなどして終わりそうです。
(小枝と葉にまみれた車もあった。。。。)

幸いなことに大きな被害に合わずに済みましたが、全国ではかなりの被害が出たようです。
一刻も早い回復をお祈りいたします。



今回はラズパイなどシングルボードコンピュータを用いて天体機器を接続し、VNCで操作する際に便利に使用できる機能をいくつか紹介します。

Ubuntuのシステム機能も含まれますのでLinux用の設定と考えてください。

VNCでKStars・Ekosなど多機能なソフトを使用する場合、それぞれを別ウィンドウで操作できたらと思うことがあるかもしれません。

特にタブレットなどから操作する場合はウィンドウ同士が邪魔をして操作がしずらくなりますので(タブレットからのVNCでウィンドウのドラッグ移動は苦痛です。。。)機能ごとにウィンドウを切り替えながら操作できれば快適になります。

Ubuntuには"デスクトップページャー"と呼ばれる仮想ウィンドウ機能があります。


0234.jpg

フレーバー(Ubuntuのデスクトップ環境の種類)によって場所が異なりますが、(私の環境は上部、環境によっては左側の場合もあります。)

1.メニューバーの四角い枠が並んでいる部分を右クリック

2.ポップアップメニューから"デスクトップページャー"を選択
(このメニュー名も環境により異なるかもしれません。)


0235.jpg

赤枠部分をクリックして仮想ウィンドウ数を設定します。



0236.jpg

その後KStarsに戻り、別の仮想ウィンドウに移動したいウインドウを表示します。(この例ではEkos)

1.Ekosの上部ウィンドウバーを右クリック

2.ポップアップルメニューから"デスクトップに送る"を選択

3.表示したい仮想ウィンドウを選択


上記操作のようにKStarsで別表示したいウィンドウを呼び出し別の仮想ウィンドウを選択すれば機能ごとに操作画面を分けることができて快適になります。


・・・が、環境によっては常に星図画面も一緒に別の仮想ウィンドウに移動してしまい、仮想ウィンドウがうまく使えない場合があります。(私もNanoPi-M4だけがこの状態になり、かなり使いづらいのを我慢してきました。)

どうやらいつからかの機能変更で"Independent window"というラジオボタンができており、そこをチェックしないと仮想ウィンドウが使用できなくなったようです。
(理解に苦しむ機能変更です。)

下図に回避方法を記載します。


0237.jpg

1.メニューから"設定"をクリック

2."KStarsを設定”項目を選択


その後下図3箇所にある"Independent window"チェックボックスにチェックを入れる。



0238.jpg

Ekosウィンドウの設定箇所


0239.jpg

INDIコントロールパネルウィンドウ設定箇所


0241.jpg

Fitsウィンドウ設定箇所


以上です。

残念ながらよく使うLiveVideoウインドウ(ライブビュー画面)は星図画面と常に連動してしまいます。(後付の機能なので開発者が忘れたのでしょう。。)

一部残念なところは残りますが、仮想ウィンドウでそれぞれ別のウィンドウにわけることでかなり操作がしやすくなります。(特にVNCで使用する場合、私にとっては、なくてはならない機能と言えるくらい操作感が向上します。)


尚、別のアプリを別の仮想ウィンドウに割り振る場合は、空の仮想ウィンドウを事前に選択してウインドウを切り替えてアプリを起動します。(下図の赤枠部分)


0240.jpg



私はKStarsの星図ウィンドウ+マウントコントローラー、Ekos、INDIコントロールパネル、CCDCIEL、PHD2をそれぞれ別の仮想ウィンドウに立ち上げて、切り替えながら操作しています。


Linux限定の機能ですが、かなり便利な機能ですので興味ある方はお試しください。


追伸
"Independent window"チェックボックスの追加同様、デジカメのライブビューがEkosで使用できなくなったことがありました。
原因はデジカメのドライバのコントロールパネル項目がチェックボックスで追加され、そこをチェックしないとライブビューが機能しなくなるという機能変更でした。
なんでこんなアホな変更を行うのでしょうかね。。
正常動作して項目が減るという進化をしてほしいものです。



プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ別記事一覧
アクセスカウンター