FC2ブログ
以前の記事で環境構築を行ったAstroberry2.0ですが、以前のAstroberry(RaspberryPi3or3+用)と比較していくつか変化した部分、若干の修正が必要だった部分がありましたので記載しておきます。


変化した部分

●OSがUbuntuMateからRaspbian(Buster)に変更(一番大きな変更点)
●それに伴いシステムの日本語化設定が変更

sudo raspi-config→(メニューより)4 Localisation Option→I1 Change Locate→ja_JP.UTF-8 UTF-8にチェック
以上で日本語フォント、インプットメソッドなどが入るようです。システムのメニューなども日本語化されます。

KStarsを日本語化するには従来同様の手順です。
sudo apt-get install kde-l10n-ja
KStarsメニューの"ヘルプ"をクリック→アプリケーションの言語を変更を選択→日本語に変更

●リポジトリの追加
これも大きな変化ですね、今までDebian系には天体系のソフトのリポジトリはほとんどありませんでした。
もしかしたらRaspberryPi4以外のSBCでもBusterを使用すれば同様の環境が構築できるかもしれません。
リポジトリの登録方法はこちら

●ASTAPの追加
EkosのSolverがASTAPにも追加されたことによりインストールされています。
環境によりSolverの使い分けができるようになりました。


機能が削除・もしくは調整が必要な部分
大筋順当なバージョンアップでしたが、OSがRaspbianに変更されたことでいくつか以前使用できていたものがインストールされていない、または不具合がある部分もありました。
以下に列記します。

●Synapticがインストールされていない
GUIでリポジトリ管理ができる便利なSynapticがインストールされていません。使用する方は以下コマンドでインストールしましょう。
sudo apt-get install synaptic

●GPSの不具合
GPSDなどはインストールされており、設定を合わせれば使用できましたがシステムとの同期、ドライバへの変更などが機能していませんでした。
raspberryPiは4になってもRTCが内蔵されていないため、屋外でシステム時計を設定するにはその都度手動で合わせるか、GPSと同期して合わせるか、RTCモジュールを追加するしかありません。

以下にインストールされているGPSDから同期する方法を記載します。

sudo apt-get install ntp
sudo nano /etc/ntp.conf
→設定ファイルが表示されたら以下を追加

#server ntp.ubuntu.com
server ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp
# time from shared memory provided by gpsd
fudge 127.127.28.0 time1 0.512 flag1 1 refid GPS
# Kernel-mode PPS ref-clock for the precise seconds
fudge 127.127.22.0 refid PPS
server 1.server
server 2.server
server 3.server
server 127.127.28.0
server 127.127.22.0

(server ntp.ubuntu.com3つをコメントアウト後上記を追加して保存)

NTPサーバも入っていませんでしたので入れてから設定ファイルを変更してGPSに同期させます。(PPSは自信なし)

●VNCの挙動が遅い
なんかもっさりして使いづらさがあります。以下の方法いずれかを追加して改善しましょう。

・リモートデスクトップサーバ
sudo apt-get -y install xrdp
sudo systemctl enable xrdp
sudo systemctl start xrdp
上記コマンドでインストール、VNCサーバと同居可能

・NoMachine
https://www.nomachine.com/
上記よりダウンロードしてインストール、VNCサーバと同居可能

いずれもVNCサーバと同居できます。
私はずっとx11VNCサーバを使用してきたので入れ替えようかと思いましたが、面倒なので上記を追加して使用しています。

●GUIから自動起動アプリを設定できない。
Mateでは使用できていたgnome-sessionなどが使えないため、気軽に自動起動アプリを設定できなくなってしまいました。面倒ですがsystemdのサービスファイルを設定しないとダメなようです。(新たに自動起動アプリを追加しないのであれば問題ありませんが。。)


ざっとこんな感じです。
RaspberryPi4で作業しましたが、初期段階としては安定していると思います。海外と半年発売のズレがあったのが幸いしたかもしれません。

リポジトリの追加は他のSBCでは試していませんが、使える可能性があります。(Armbian、Busterなど)

体感としてはあまり高速になったとは感じませんでした。(VNCサーバの問題があるかも)
USBブートにもまだ対応していないので他のSBCと比較すると劣る部分もありますが、イメージファイル焼き込みで環境構築終了の手軽さは魅力です。

興味ある方はお試しください。
(他のSBCで導入にチャレンジする方はぜひご報告ください。)


スポンサーサイト



以前の記事で記載したRaspberry4・Astroberry2.0環境をEAAで実践テストしてみました。(満月ですので眼視は望めません。ある意味絶好のテスト日和です。)

KStars・Ekos、CCDCielなど普段使用している環境もアップデートされており初期段階で設定など少し時間がかかりましたが、その後はほぼ問題なく観望できました。

初期設定で一番やっかいなのがシステム、マウントドライバ、プラネタリウムソフトなどの緯度・経度、日時合わせですが、通常は前回組み込んだGPSで同期するのですが、バージョンアップのバグかAstroberry自体のバグかは不明ですが、GPSが問題なく動作しているのですが、同期しませんでした。
情報は拾っていますが、マウントドライバや、システム時刻などが同期しません。
緯度・経度も日本と海外を行ったりきたりするという変な状況だったので、ドライバに手動設定しました。
この辺は後日チェックしてみましょう。


0251-1.jpg

自動導入してSolverで同期(Solver画面取り忘れました。。)


0253.jpg

CCDCielでプレビュー、バージョンアップしており使い勝手が変わりチェックしながら操作しました。


0254.jpg

オートフォーカスでピント調整


0255.jpg

室内で合わせたつもりでしたが色もおかしかったので、ドライバで色調整


その後、数十対象を確認しながら、気づいたところを調整しながらの観望。

すべて室内からのリモートで行いました。
GPSの部分だけ後日調査が必要ですが、それ以外は問題なく使用できるようになりました。

途中で食事したり、風呂も入ったりして機材は3〜4時間屋外に放置状態でしたが、まだまだバッテリーは持ちそうです。

前回のチェックから充電していませんので、けっこうバッテリーは持ちそうですね。

一通り観望、チェックを済ませてから撤収。


20191212moon.jpg

撤収後、機材を変えてお約束のコールドムーン撮影。
たかだか10分程度でしたが、外は氷点下。

最後は震えながら終了。



ブログタイトルにMacと記載しながら、あまりMacの使用記事が無い(苦笑)のですが、これからMacを購入して始められる方もいらっしゃると思いますので記載しておこうと思います。

INDIドライバがMacに移植されてから2〜3年ほど経ちますが、現状ではおそらくどの環境よりも天体撮影環境を構築するのが簡単です。

ただし、Windowsのように使用者が多くありませんので情報が少ないです。
以下にMacで天体環境を構築する上で留意する点を記載します。

・OSのバージョンは10.12以上にすること(INDIのメインアプリであるKStarsインストールのため)
・架台とつなぐシリアルUSBケーブルはチップセットがFDTI製のものを購入すること(この記事に記載したケーブル)
・シリアルUSBケーブルのドライバをインストールすること(ドライバはこちら
・できればSkySafari(Plus以上)も購入する(KStarsの補完、観望目的ならSkySafari(Plus以上)だけで充分)
・USB3端子がついた機種を買うこと(天体カメラを使用する方、一眼デジカメはUSB2で問題なし)


以上です。
シリアルUSBケーブルのドライバは事前にインストールしないといけませんが、他のソフトはアップルストアから購入するか、イメージファイルからソフトをコピーすれば面倒な作業なく環境構築が完了します。(面倒なサーバの構築、ドライバのインストールなど必要ありません。)

ソフトについては目的によりインストールするものが異なりますので以下を参考にしてください。(代表的なものだけ紹介します。どのようなソフトがあるか知りたい方はこちらをご確認ください。)


●天体撮影を行いたい場合(望遠鏡制御、カメラ制御、フォーカサー制御、オートガイダーなど)
KStars
(撮影に必要な環境がすべて揃っています。使い方はこちら
CloudMakers社天体アプリ群
(有料、一部無料:天体撮影環境がすべて揃っていますINDIドライバと互換性のあるIndigoドライバの開発元です。購入はアップルストア、開発元サイトから)
PHD2
(もっとも有名なオートガイドソフトです。別途撮影ソフト、自動導入ソフトが必要です。)

●望遠鏡の制御を行いたい場合
SkySafari(Plus以上)
(非常に使いやすいプラネタリウムソフトです、自動導入、導入支援などあらゆるメーカーの架台に対応しています。)

●惑星撮影(導入などは上記ソフトを併用)
oaCapture
(多くの天体カメラに対応したキャプチャソフト)

●画像処理・スタッキング
siriL
(非常に多機能なスタッキング・画像処理ソフト)
ASTAP
(非常に多機能なスタッキング・画像処理・PlateSolver(天体位置解析)ソフト)
Nebulosity
(有料:カメラ制御・スタッキング・画像処理ソフト)
Lynkeos
(惑星撮影に特化したスタッキングソフト)


架台(自動導入赤道儀・経緯台、導入支援機器(DSC))などはINDI(またはindigo)サーバ・ドライバか、SkySafariのドライバでほとんど網羅できます。

一眼デジカメはWindowsと同様の環境が揃っています。
天体カメラはINDI(またはindigo)サーバ・ドライバで制御可能です。

他にもWindowsでも使用者が多いSkyChart(架台制御機能があるプラネタリウムソフト、CCDCiel(SkyChart開発者が制作した天体撮影統合環境)、Stellarium(非常に描画が美しいプラネタリウムソフト)などがありますが、ドライバを別にインストールする必要があるため簡単なものに絞りました。

上記はほぼコピーするだけで必要な環境が揃います。(ソフトをコピーすれば必要なドライバやサーバなどもソフトの一部として同時にインストールされます)

INDIサーバ・ドライバ、統合環境のKStars・Ekosについてはこちら
SkySafariについてはこちら

に使用方法を記載しています。

Macは昔からリモートタイマー(定時の自動オンオフ)、多様なネットワーク構築(ボンジュールによるアドレス管理、Lanケーブル以外のネットワーク接続、共有機能(ファイル、ネットワーク、モニタなど))、複数アプリの自動制御(Appleスクリプトやオートメーター)をシステム標準で搭載しており天体撮影に使用したら便利な機能が多数あります。(Macをハードディスクとして認識させる機能まであります)

天体撮影の環境構築に苦労している方はMacで天体環境を構築してみてはいかがでしょう。
使用者が少ない欠点はありますが、私も使用していますが非常に安定しています。

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター