FC2ブログ

★未分類のカテゴリー記事一覧


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
メイン

昨年は天候不順でなかなか観望や撮影することができませんでした。
ブログ、リアルとも引っ越しなど記事も滞りがちな時期もありましたが、なんとか再構築して新年を迎えることができました。

今年は晴天を期待しつつ、気持ちも新たに取り組みたいと思います。
INDI関連の記事も一通りの流れはできましたので、今年は入門記事や画像処理などより広範に展開できればと考えています。
特に天体の画像処理は通常の画像処理と異なる部分も多く、独自なフローも多いため今年はそのあたりも記事しようと思います。

つたないブログですが、コツコツ継続していきます。
今年もよろしくおねがいします。
スポンサーサイト



私が仕事を始めた頃、ちょうど世間ではマルチメディアブームと称して様々な媒体でCD-ROMが制作され、配布されていました。

Directorというソフトはキオスク(タッチパネルを用いたインタラクティブ端末)やCD-ROM制作のためのオーサリングソフトとして唯一の存在で、いくつが業務でも制作を行いました。(MacがOS標準で自動起動、シャットダウンのスケジューリングが可能なのもこの当時キオスク端末として使用されたことが大きいと思います。)

対話型のインターフェイス制作のみならず、映像のCGのテロップや簡単なアニメをDirectorで制作した記憶もあります。(業務用編集機にコマごとにダビングという気が遠くなるような作業でした。。。)

それから数年後、米国の軍事用ネットワークであるインターネットが開放されました。
本業はグラフィックデザインでしたが、時代の要請からマルチメディアコンテンツ制作、Webコンテンツの構築、システム考案に関わることができました。
(開放当初はモデムで接続する環境が多く、低速な通信環境で快適な情報提供をできるコンテンツの立案をしていたことを思いだします。)

インターネット開放当初はCD-ROMなどのクローズドコンテンツも頑張っていたのですが、わずか数年でインターネットにとって変わりました。

Directorは最初に勤めた映像会社、その後勤めたデザイン制作会社の両方で使用した思い出深いアプリです。

MacromediaからAdobeに変わってどうなるか?と思っていましたが、ついに販売終了の知らせが。。。

今でも便利に使える(インターフェイスの開発やキオスク的な操作環境の構築など)場面は多々あると思うのですが、時代の流れには勝てなかったのでしょう。

天体撮影なども殆どがPC使用のデジタル環境になっています。
このサイトで紹介しているINDIサーバ・ドライバは初期の段階からネットワーク対応(むしろネットワーク環境を利用した天体撮影環境)です。

現在の天体撮影環境は先に挙げたディレクターのようなクローズド制御ですが、時代とともにネットワーク制御に変化していくかもしれません。

ディレクターの販売終了は残念ですが、新しい優れた環境の誕生を楽しみにしたいと思います。
(天体にも利用できれば最高ですね。INDIもその素質があると思いますが、問題はユーザビリティの向上でしょう。)


プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター