FC2ブログ
シングルボードコンピュータの多くは製造元からOSをダウンロードしてSDカードなどに書き込んでから設定します。
設定はMacなどPCからリモート操作をしながら行っていくことになります。

Mac、シングルボードコンピュータの双方で必要になる項目を記載します。



●Macで必要なもの
SDカードのフォーマッター、書き込みソフト、リモート操作ソフトなどが必要になります。

・SDカードリーダー
USB3対応のものをおすすめします。

SDメモリカードフォーマッター(日本語、無料)
Raspberry PiやNano PiなどSDメモリカードにシステムをインストールするシングルボードコンピュータを使用する際、メモリカードのフォーマットを行うがその際に必要になるソフト、上記環境を構築する際には必須。

ApplePi-Baker(英語、無料)
Raspberry PiやNano PiなどSDメモリカードにシステムをインストールするシングルボードコンピュータを使用する際、配布されるシステムイメージファイルを書き込むために必須。
このソフトはバックアップ機能もあるためおすすめです。

QuickHash GUI(英語、無料)
シングルボードコンピュータのOSイメージファイルや、Astrometry.netのインデックスファイルなど非常に大きなサイズのファイルをダウンロードする際、ファイルが破損する可能性があります。
このようなファイルにはHash記号が示されており、その符号を入力し、ファイルを検証することでファイルの破損確認ができます。

NoMchine(英語、無料) ーおすすめ
デスクトップリモートコントロールソフト。
Macは標準でデスクトップリモートコントロール機能がありますが、このソフトはWindows、Linux、シングルボードコンピュータ(Linux)などさまざまな環境で使用できます。
どの環境でも簡単にインストールできるため、リモートコントロールで複数のPCを使用する場合便利です。
サーバ、ビューアの組み合わせで使用します。
VNCを使用する場合はChicken of the VNCをインストールしておきましょう。

他にはMac標準で付属のターミナルを使用します。



●シングルボードコンピュータで必要なもの
製造元で配布されているOSイメージ、OSをインストールするSDカード、LANケーブルなどが最低限必要です。製造元で配布されているOSイメージにSSHサーバがない場合はモニタも必要になります。

・シングルボードコンピュータ本体
現状であれば天体制御環境の構築が最も容易なのはRaspberryPi3以上です。
この機種は複数のOSを選択できますし、天体制御環境をセットしたディストリビューションもあります。
OSから環境を構築する場合はUbuntu系のOSを選んでください。(環境構築にかかる難易度がもっとも低いです。)

・SDカード
Astrometry.netサーバを使用する場合は巨大なインデックスファイルのインストールが必要になりますので、32GB以上をおすすめします。
ドライブレコーダーなどで使用される高耐久のものが良いです。

・製造元で配布されているOSイメージ
デスクトップ環境のあるUbuntu系のOSイメージがある機種を購入することを強くおすすめします。
Ubuntuを前提として初期段階でインストールするソフトは以下になります。

・SSHサーバ
Macからのリモート操作で必要です。

・VNCサーバ、もしくはNoMachine
Macからのデスクトップリモート操作で必要です。

・Synaptics
GUIのアプリインストールで使用します。標準環境で入手できるアプリはこのソフトでインストールするのがもっとも簡単です。

・テキストエディタ(私はLeafEditを使用しています。)
設定ファイルの書き換えなどに使用します。

・Gdebi
パッケージをダウンロードしてインストールする際に使用します。
このソフトがないとターミナルからコマンドベースで操作になるため一気に敷居が上がります。

・SpaceFM
Macでいうところのファインダーのような役割を果たすソフトです。
このソフトの良いところはルートで操作ができることです。
この機能があるため、GUIから設定ファイルを変更できます。


まずはこんなところが必要になりますが、PCに比べて敷居が高いですね。。
興味ある方はその後ぼちぼちと私の構築した環境を記載していきますのでチャレンジしてみてください。





スポンサーサイト



Macで天体制御環境を構築するのは、KStarsをコピーするだけでINDIサーバ、Astrometry.netサーバ、Ekosなどの統合制御環境を作れてしまうためとても簡単ですが、遠征などに行くときには電源の問題がつきまといます。
EAAなどコンパクトにパッケージを収めたい場合、Macの消費電力の問題で大きなバッテリーを持ち歩くことになり気軽さが薄れてしまいます。

RaspberryPiをはじめとした、シングルボードコンピュータはPCと比較しても消費電力が少なく、機種によってはスマホ用のUSBバッテリーで一晩くらい動いてしまいます。
Linux環境を構築しなくてはならないため、一気に敷居が上がりますが、ディストリビューションと呼ばれる、OSとアプリをセットにした環境も登場しており、あまり専門知識を持たなくてもスタートできる環境が整ってきました。

この項目では私が天体制御環境として構築したシングルボードコンピュータを紹介していこうと思います。
一部の環境を除いては人柱になることが必須の領域ですが、興味ある方は御覧ください。

天体観望といえば、まずはとにかく望遠鏡と考える方が多いでしょう。
しかし、この観望入門を読んでいただけると気づいた方もいらっしゃると思いますが、見る対象によって適した機器が異なります。

暗い場所であれば双眼鏡で楽しめる対象も多く、すぐに望遠鏡を購入するよりは双眼鏡とスマホアプリなどで見たい対象を探せるようになってから望遠鏡を検討しても遅くはないと思います。

体験上一番先に手に入れて便利に使用できるのはスマホアプリです。
PC用も優秀なアプリが揃っています。

私は用途に合わせてKStars、SkySafari、ステラリウムを使い分けています。
StarryNightやステラナビゲータ、Equinox Pro、スーパースターなどのアプリも購入しましたが、現在では上記の3つでほとんど済ませています。

スマホではSkySafari、MacでKStars、SkySafari、ステラリウムを使用する感じです。
以前記事にも書きましたが、これらのアプリで実際に望遠鏡の視野をシミュレーションしてみると雰囲気がつかめます。

望遠鏡で強拡大して楽しめるのは月、惑星(木星と土星くらい)、球状星団になります。
月、惑星以外は目で見るのが困難な対象なので対象の導入が必要になります。
今なら廉価に自動導入の望遠鏡がありますので、そのあたりからスタートするのも良いでしょう。その場合は鏡筒はマクストフカセグレンか屈折をおすすめします。

写真を撮りたいとなると一気に敷居が上がります。
廉価な自動導入タイプは経緯台と呼ばれる水平、垂直動作の架台ですが、これで撮影できるのは月、惑星くらいです。
暗い対象ではこのタイプは視野が回転してしまうため、赤道儀が必要になります。
こうなるとどんなに安く見積もってもセットで20万を超えます。

目で見るのであれば大きい望遠鏡ほど分解能が高くなるので、ドブソニアン架台を用いた反射望遠鏡なども候補にあがります。

このように用途によって様々な選択肢から選ぶことになります。

いずれにしてもある程度星空のことを把握していないと使いこなせませんので、まずは星を見ることに慣れる環境を作ることをおすすめします。
スマホアプリ、双眼鏡くらいであれば出費も大きくなく、その後もずっと使用できますので、このあたりからスタートすることをおすすめします。
(とは言っても、欲しくなると我慢できないものですよね(笑))




プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター