FC2ブログ
惑星撮影の撮影で注意する事項を記載します。

惑星や月は初心者でも望遠鏡で探しやすい対象ですが(星雲や星団と違って目で確認できるので)、撮影となるといくつか注意点があります。

撮影方法によって変わる部分もありますし、共通事項もありますので分けて記載します。


惑星撮影の注意点(共通事項)
・ファインダーの位置合わせを事前に正確にしておく。(高倍率・狭視野のため)
惑星撮影は高倍率・狭視野で行うことになるのでファインダーの正確な位置合わせが重要なポイントになります。
ここがずれていると導入が非常に困難になりますし、カメラの取付け時に位置がずれたときなど導入できなくなったりします。


・ピント合わせが非常に重要
高倍率のため、非常に難しい部分です。眼視と異なり僅かなずれも覿面に画像品質に影響しますし、カメラのプレビュー画像だとピント合わの際の僅かなブレで画像がまともに見えなくなります。
私は初期の頃はタイラップをフォーカサーに巻いて、結束先を固めてテコの原理で軽く回せるようにして対処していましたが、現在は電動フォーカサーを利用してブレを防いでいます。
人間の目だと僅かなズレは目の方で調整してくれますが、カメラでの撮影ではシビアな調整が必要です。


・大気と筒内の気流
ピント同様画像品質を大きく変化させるポイントです。大気は上空のジェット気流などが強い日は星が瞬いて見えます。このようなときは高倍率で撮影しようとしても揺らいでボケての繰り返しになり、うまくいきません。
ベランダで撮影する際は下の階の室外機の影響も受けますので下の階の室外機から離れたところに設置しましょう。
筒内の気流に関しては口径の大きな望遠鏡が強く影響を受けます。屈折より反射望遠鏡の方が光路反復があるため影響が甚大になります。
筒内気流は外気と慣らす(1〜2時間)、または筒内で対流が起こらないよう外気から断熱するなどさまざまな方法がありますが、まずは最も簡単な外気と慣らす(1〜2時間)からはじめてみましょう。
筒内は対策でなんとかなりますが、大気の場合はなんともなりません。。
想像以上に惑星を撮影するのに適した大気の状態は少ないことを覚えておきましょう。尚、星雲・星団ほど空の暗さは影響ありませんし、月が出ていても撮影できます。


・静止画ではなく映像で撮影する
銀塩写真の時代は惑星をうまく撮影するのは非常に困難でした。高倍率では気流や筒内気流、ピントの影響が非常にシビアで一枚撮りではボケたりぶれたりした画像しか撮影できなかったからです。
現在でも静止画一枚で惑星を綺麗に撮影するのは非常に難しいです。
現在の主流は惑星は動画撮影して画質の良い部分を集め、スタッキングと呼ばれる処理で一枚の画像に仕上げる方法になります。
一枚撮影の画像と比較して、圧倒的に画質が向上できますので、撮影は動画で行いましょう。
 

上記が共通の注意点です。

惑星の撮影方法はいくつかの種類がありますので以下それぞれの注意点を記載します。


コリメート撮影での注意点
望遠鏡の接眼部にカメラを近づけて撮影する方法です。望遠鏡に接眼レンズ、カメラにレンズがある状態で撮影します。
そのためコンパクトデジカメやスマホでも撮影できるなど最も簡単な撮影法になります。

手持ちでもなんとかなりますが以下注意点を考慮して撮影しましょう。

・望遠鏡の接眼レンズに触れないように撮影する
接眼レンズにふれるとぶれてしまい撮影できません。接眼レンズにふれない範囲でカメラレンズをぎりぎりまで近づけて撮影しましょう。

・望遠鏡の接眼レンズと光軸をあわせる
望遠鏡の接眼レンズとカメラのレンズが傾いていたり、ずれていたりするとうまく撮影できません。最も簡単なのは撮影アダプタを使用することです。

ANQILAFU ユニバーサル 携帯電話のアダプタマウント は - iPhoneのソニーサムスンモト用など - 両眼単眼スポッティングスコープ望遠鏡と顕微鏡との互換性の世界の自然を記録します フィット (スマートフォン用アダプター)

新品価格
¥1,250から
(2019/8/30 10:48時点)



上記はスマホ用ですが、コンパクトデジカメでも使用できるものも販売されていますので利用しましょう。

・カメラがズームレンズの場合は望遠側で
カメラがズームレンズの場合はまず広角側で光軸を合わせ、それからズームして程度な大きさになったところで撮影しましょう。


拡大撮影での注意点
望遠鏡の接眼レンズをリレーレンズとして撮影する方法です。この方法はカメラのレンズ部分を取り外せないと撮影できません。望遠鏡に接眼レンズ、カメラのレンズを外した状態で撮影します。(専用のアダプターが必須です。)
焦点距離の短い望遠鏡などで高倍率の撮影をする場合に使用する方法です。


・撮影は動画で行う
上記コリメートと同様です。

・高感度設定に
カメラに動画の高感度設定(もしくは夜間撮影モード)がある場合はそれを使用しましょう。
拡大撮影は合成焦点距離が非常に長くなるので感度が必要になります。

・望遠鏡の接眼レンズの選定
拡大撮影は望遠鏡の接眼レンズがリレーレンズとして働くため、眼視とは異なる視点で接眼レンズ選定する必要があります。一般的にはオルソやプローセルなど古典的なレンズ枚数が少ない接眼レンズが拡大撮影に向いているとされています。
手持ちの接眼レンズをチェックして最も良く見える接眼レンズを使用してください。


(バローレンズを用いた)直焦点撮影の注意点
望遠鏡にバローレンズを接続してレンズ交換式カメラを直接接続する方法です。
この撮影法を行える方はすでに大口径の望遠鏡を持っている中級以上の方だと思いますので、特段ここで注意を記載することは無いでしょう。


以上惑星撮影の注意点について記載しました。
これから惑星を撮影しようと考えている方はぜひお試しください。





追伸
現在私が惑星撮影で検討している事項を記載します。
現在私が最も検討している事項は筒内気流になります。
今まで気流のせいだと思っていた部分の多くは実は筒内気流が影響しているのではないかと考えています。
私が惑星撮影に使用している鏡筒はC9 1/4ですが、外気との順応が終わって、非常によく見えるときと途中から見えなくなるときにわかれます。気流が変化したのかと考えていましたが、望遠鏡の材質がほとんどアルミであることを考えると、外気の気温変化が非常にセンシティブに筒内気流に影響を及ぼすのではないかと考えるようになりました。
閉鎖鏡筒の場合はいくら外気と順応させても外気の温度変化があれば対流が起こってしまいます。
その変化を追うように順応させたとしてもレンズや反射鏡のようなガラス材がアルミ部分のように俊敏に温度変化してくれません。
と、なると閉鎖鏡筒の場合は筒内の温度を外気とは関係無く一定に保つような工夫をすれば安定するのではないかと考えています。(開放鏡筒の場合は対策が異なります。)

このところあいにくの天気で全く撮影できませんが、いくつかアイデアがありますので成果が出ましたら記事にしようと思います。(それにしても全く晴れませんね。。。。)



スポンサーサイト



ケンコーで発売されているスカイエクスプローラー SE-AT100N(マクストフカセグレンの90Mもありました。)の架台部分について雑談記事を記載します。


Kenko 天体望遠鏡 Sky Explorer SE-AT100N プラネタリウムソフトセット 反射式 口径100mm 焦点距離450mm 卓上型 簡易追尾機能付 SEAT100N

新品価格
¥24,165から
(2019/8/28 11:52時点)



もともとはこの架台はSky Watcher社が作っており、OEMされているものです。
ハンドコントローラーを使用すれば自動導入も出来ますし、なんと架台の両軸にはエンコーダーも装備されています。
(デジカメのシャッター制御ができる端子もついています。)

上記のように非常に多機能な架台なのですが、ケンコーが販売している望遠鏡とのセットではハンドコントローラーが省かれ、追尾のみの簡易架台の位置付けで販売されています。(実にもったいない販売方法です。。せっかくの多機能が封印されて販売されているわけですから)

私は架台部分が欲しくて(双眼鏡で使用するつもりでした)ケンコーのアウトレットでたたき売り(確か15000円)されているときに購入しました。
しかし、ハンドコントローラーが3万円以上と本体より高額になり、L字金具で双眼鏡を装着した場合天頂付近が見づらいなどの理由から長らく使用していませんでした。

上記の機能を見て気づいた方もいらっしゃると思いますが、実はWifiアダプタを装着すれば、Sky Watcher社のAZ-GTiとほぼ同じ構成になります。


【国内正規品】 Sky-Watcher 天体望遠鏡 自動導入 AZ-GTi 三脚付き SW1240020327

新品価格
¥37,584から
(2019/8/28 12:08時点)



私が購入した頃はAZ-GTiも、スマホの操作アプリであるSynScanProもありませんでしたので、ケーブルを自作(自己責任で)しINDIドライバで自動導入を行っていましたが、Wifiアダプタを装着すればSynScanProアプリで操作も可能です。
Windows版のASCOMドライバでも認識しますし、使用できます。

今となってはAZ-GTiを購入したほうが良いかもしれませんが、この架台をお持ちの方はWifiアダプタを購入すればスマホのアプリで、ケーブルなどを自作(Wifiアダプタでも可能)すれば、ASCOMドライバやINDIドライバで制御できますのでお試しください。(私はEAA(電視観望)で使用しています。)
エンコーダーもついているので手動で操作してもプラネタリウムソフトと同期しますし、地味に本体の十字キーが便利です(笑 三脚無くても使えますし)



ケーブルの自作は以下に記載します。(自己責任でお願いします。)

・TTLシリアル変換ボード

・RJ12ケーブル(端子側PIN配列)
PIN配列 1.RXD 2.繋がない 3.TXD 4.グランド
接続図はここを参照

ジュラケーブル 6極4芯(6P4C対応)電話 ケーブル 延長用中継アダプタRJ12/RJ11 (10m)

新品価格
¥600から
(2019/8/28 12:40時点)




このようなケーブルを切断してケーブルを上記シリアル変換ボードにはんだつけするのが簡単です。


以前この記事で概要を記載しましたが、もともとはWindows用のIRISというスタッキング・画像処理ソフトをLinuxに移植したソフトだったようです。

しかし、現在はLinux以外にもMac、Windowsでもインストール可能になり、幅広いOSで使用できるスタッキング・画像処理ソフトになっています。

基となったIRISが非常に難しかったため敬遠していたのですが、少し使用してみたところスタッキングなど主要な操作はかなり使いやすくなっていると感じました。
フランス語や英語ですがマニュアルもしっかりしています。(Google翻訳でだいたい読めてしまいます。)

スクリプトを使用して機能を自動化出来たり、他のソフトと連携もできるようです。

多機能な割には使い方に癖も無く、おすすめできるソフトかなと思いましたので項目を新たに追加しました。
ASTAP同様日本語の説明サイトがありません。。。
少しずつになると思いますが、このソフトの使い方なども(わかる範囲で)記載していこうと思います。


余談
天体趣味を再開した頃はMacで使用できる天体アプリが非常に少なかったため、Windowsを使用していましたが今はとっても充実しました。
ラズパイなどのシングルボードコンピュータも実用になりましたし、環境構築の幅が拡がりました。
このサイトも皆様の環境構築の一助になれば良いなと感じています。
良い情報がありましたらぜひご連絡下さい。





プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター