fc2ブログ
天体機器の制御をPCで行えるようになって久しいですが、多くの方がPCでの制御に苦労されている状況かと思います。

苦労する原因になっている部分は実は2つあります。
この2つの項目がクリアされれば劇的に快適に操作できるようになるでしょう。(現状はこの2つの要素をクリアできる環境がありません。。。)

実際にこれらがクリアされた環境がありませんので妄想記事になりますが、もし、ソフトウェア開発などが可能な方がこのブログを見てこの2つをクリアしてくれれば天体撮影趣味の方にとっては福音になるでしょう。(心から期待します。)

では2つの要素を記載します。

●シリアル信号の取り扱い
制御信号としては最古参に属する低速の信号になります。
マウント、フォーカサー、ローテーターなど天体機器のほとんどの制御が現在でもシリアル信号で行われています。

これらの制御機器の問題は通信速度の低さではなく、制御するアプリケーション(またはドライバ)の接続方法にあります。
原則的に制御機器とアプリケーションを1対1で扱う方法が取られているため、複数アプリ(もしくは連携的な複数機器の制御)に悪影響をきたします。

併せて複数台同じチップセットを使用する状況では、正確に識別される仕組みがOS、ドライバともありません。
(シリアルの本来使用方法が1対1を想定しているため)

ドライバなどで、制御機器毎に識別番号を持ち、ハブ機能を持たせてマルチクライアント(どのアプリでも制御可能)に出来れば解決できます。

現状この機能に唯一フル対応しているのはMac版のINDI、INDIGOだけです。(Macの場合はPC自体が非常に限定される問題があります。。)

ASCOMはPOTHやドームドライバで対応となっていますが、私が所有する機材では正常に動作したことはありませんし、LinuxやWindowsはUSBシリアルチップなどで制御している機器を識別できるような構造になっていません。(WindowsはCOM番号、Linuxはtty/USB0など、接続順に勝手に番号が振られます)
後発のAlpacaは現状では全くの未知数です。

PlateSolvingやオートフォーカスなどの機能を使う場合、マルチクライアント(アプリ)対応は必須になります。


●映像・画像信号の取り扱い
シリアルとは打って変わって転送量が非常に多い重い情報になります。
天体以外の映像機器や撮影機器の場合は転送量を劇的に減らすことができる仕組み(圧縮エンコード、デコード)を効果的に利用していますが、天体の場合全く配慮されていません。

そのため、ライブビューや、PlateSolving、オートフォーカス、オートガイダーなどの処理が非常に遅くなってしまいます。
撮影画像であれば、多少の遅さは許せますが、PlateSolvingやオートフォーカス、オートガイダーなど確認や解析用の画像(メモリに展開されるのみ)まで、非常に重い情報を垂れ流すのは非効率すぎます。。。

現在であればシングルボードコンピュータでさえも、映像用の処理チップを本体に備えています。
これらを有効に使用できるようにするだけでも、大幅に快適性を高めることができます。

残念ながらこの項目に関しては天体カメラ、アプリいずれも手つかずの状態が続いています。


どちらの問題も信号処理の扱い方が改善されてくれさえすれば、大幅に安定性や快適性が向上されるのですが残念ながらそれらを考慮した環境がありません。。

信号処理の問題なので、現在であればPCのドライバで解決できる部分です。
例えるなら現状の天体機器制御環境は特定のワープロアプリのみでしかプリンターが使えないような状態ですね。。
(プリンタのドライバはプリント機能を備えたアプリであればどのアプリでも使用できますよね。特定のアプリ以外使えなくなってしまったら不便極まりないです。)

天体機器のアプリなどを開発しているメーカーや団体などは、非常に小規模ですのでユーザーの声が届きやすい状態かと思います。

英語が堪能であれば、説得すれば取り組んでくれるかもしれません。
私も以前開発者に要望を何度か出していますが、英語の壁に阻まれてうまくコミュニケーションができませんでした。

もし、この記事を見て同様のことをお感じになられて英語でコミュニケーションできる方はASCOMかINDIの開発者との連絡などをご協力いただけませんか。
記事の情報で不十分な部分は日本語でなら詳細をご説明することが可能です。

上記2点が改善されれば、INDIやINDIGOであればシングルボードコンピュータ程度の処理能力でも充分快適に制御できる環境が実現できます。

ASCOM、Windowsであれば、もっともスペックの低いMINIPCでお釣りが来るくらい快適になるとおもいます。

興味ある方はご一報いただけると幸いです。








スポンサーサイト



プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター