fc2ブログ
マウントドライバのバグが解消されていませんが、天気も良かったので二晩に渡って天体カメラ(ASI224)EAAと防犯カメラ(IMX385SDI高感度防犯カメラ他2台)の見比べ観望を行いました。

IMG_3718.jpg

高感度防犯カメラEAA(3台の画角の異なるカメラ、ネットワーク対応ビデオレコーダー(DVR)、RaspberryPi4(AstRPi)をマウントに同架)
画角は2.8mm(約100度)、12mm(約30度)、120mm(約3度)を全てDVRに接続し、120mmのカメラの信号を分岐してUVCキャプチャを介してラズパイ4に接続しています。(詳細はこちら
120mmのカメラにはフォーカサーも設置してあります。



IMG_3721.jpg

天体カメラEAA(ASI224、70~200mmのカメラ用EDズームレンズ、RaspberryPi4(AstRPi)を同架)
こちらはASI224をベースにしたシステムです。フォーカサーも組み込んでありますのでリモートでフル制御可能です。

IMX224と385なので感度はほぼ同じですが、天体カメラ(PCとUSB接続)、防犯カメラ(SDI、画像処理機能付き)と全く性格が異なります。(天体カメラは長期露光(星雲炙り出し)、防犯カメラは画像処理エンジンを利用した高感度リアルタイム観望(対象確認、星団向き))
一応どちらのシステムも遠隔リモート制御ができるようにしてありますので、部屋の中からフルリモートでコントロール、観望します。


では高感度防犯カメラEAAから

コメント 2021-01-20 203112

DVRに接続した3台の映像はイーサネットを介してPCのアプリで確認できます。(VMSというDVRコントロールアプリ)120mmのレンズが付いたカメラはHDMIに信号変換してHDMIUVCキャプチャを介してRaspberryPi4に接続していますのでPlateSolvingなども可能になります。マウント、フォーカサーもRaspberryPi4で制御します。
・・・が、これだけ広い画角があるので正直自動導入すら必要ありません。
KStars+Ekosで自動導入もできるようにしてありますが、マウントコントローラーしか使いませんでした。

リモートなので画角毎にカメラを分けましたが、このシステムは手軽なズーム観望が一番楽しめると感じています。
当地は非常に寒いので、冬季はリモートで部屋から操作して観望しようと思いますが、暖かくなったらズーム観望で楽しもうと思います。(このシステムはライブ映像用かな)

ズーム観望のイメージとしては眼視で星座双眼鏡と対空双眼を使う場合と比べそれぞれ3~4等級暗い対象までモニタで見えるようになった感じです。ビデオ雲台とスマホのプラネタリウムアプリで見たい対象は充分導入できます。


天体カメラのEAAはこんな感じです。

スクリーンショット 2021-01-21 220517
スクリーンショット 2021-01-21 225337
スクリーンショット 2021-01-21 230437
スクリーンショット 2021-01-21 232209
スクリーンショット 2021-01-21 232744
スクリーンショット 2021-01-21 233439
スクリーンショット 2021-01-21 234745

こちらは電視観望として利用されている環境に近いですが、Windows+SharpCapという定番の組み合わせではなく、INDIサーバ・ドライバを使用して、KStars+Ekosで制御、CCDCielでライブスタッキングしています。
INDIサーバ・ドライバ、KStars+Ekos、CCDCielを全て架台に同架したラズパイ4で立ち上げて、ラズパイ4の画面をリモート操作しています。(これだけアプリを立ち上げてもメモリを半分も使用していません)
このシステムの特徴は、INDIサーバ・ドライバの特徴にもなりますが、軽いこと、映像信号なども含め、全て複数アプリを連動して使えること、PlateSolvingが優秀なことなどです。

INDI環境では上記の通り映像信号さえ複数アプリで連動して使用できるので、自動導入やPlateSolvingやオートフォーカスなどの解析はKStars+Ekos、ライブスタッキングを利用する際はCCDCielを併用しています。
PlateSolvingが優秀(ラズパイでも数秒で解析が終わります)なので、アライメント不要でオートフォーカスなども含め全て遠隔リモートで制御できます。

今回の2つのシステムは撮像素子の感度自体は天体カメラもSDI防犯カメラもほぼ同じような感じですが、使い比べてみると得意な領域がだいぶ異なります。

リモート観望には天体カメラのシステムの方が向いているように感じました。(長時間露光可能、スタッキング、PlateSolvingとの相性など)

対して、高感度SDI防犯カメラは明るいズームレンズを接続してPCレスのリアルタイム高感度観望に適しています。(眼視の楽しみ方に似ています。気軽に、そしてよく見えます、今回のシステムは遠隔リモートでも使えるよう複数の画角分カメラを同架しましたが、外で観望できるのであればズーム操作をしながら観望したほうが気軽に楽しめます。)

バッテリーの消費は上記の2つのシステムで比較すると接続している機材が多いため、防犯カメラEAAのほうが消費電力が多いですが、私が使用するポータブルバッテリー(220WH)でも5時間以上使用できましたので充分でしょう。

願わくば10~200mmの明るいCmauntズームレンズが欲しいですね。

コロナ渦で海外通販の流通が遅れて完成に時間がかかりましたが、一通りまとまりました。
(INDIドライバがアップデートでバグりましたが。。。。)

比較チェックしてそれぞれの良さが確認できたので、細かく調整してより楽しめるようにしていこうと思います。






スポンサーサイト



プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター