FC2ブログ

不定期連載:お家でデジタルプラネタリウム−4(一応終了)

数回にわけて投稿する予定のお家でデジタルプラネタリウムシリーズ。

今回は第4段としてリモート制御サーバ設定、制御コントロールパネルのご説明をします。

Macでの設定を記載しますが、Windowsの方も少しの読み替えで設定が可能になりますので興味ある方はお試しください。(ショートカットなどはコマンドキー→コントロールキー、オプションキー→ALTキーで読み替えです。)

事前に、プラネタリウム画面を全画面表示にしてその後、制御ボタンを非表示(ショートカットキーでコマンドキー+T)を行い、プロジェクタ画面が星空のみ表示されるようにしてください。


●リモート制御サーバ設定
この設定を行うことでステラリウムのほとんどの機能をWebブラウザからコントロールすることができるようになります。



134.jpg

1."設定画面"ボタンをクリック
2."プラグイン"タブをクリック
3."リモートコントロール"タブをクリック
4.起動時に実行チェックボックスをチェック

ここで一旦ステラリウムを終了し、プラグインの読み込みを行います。
正常に読み込まれれば下図のリモート制御サーバボタンが表示されます。


135.jpg



136.jpg

起動後
1."設定画面"ボタンをクリック
2."プラグイン"タブをクリック
3."リモートコントロール"タブをクリック
4."設定"ボタンをクリック
5."サーバが利用可能"、"Enable automatically on startup"チェックボックスをチェック
6."デフォルトとして設定を保存"ボタンをクリック

以上でリモートコントロールサーバがステラリウム起動時に立ち上がります。


以降はWebプラウザを立ち上げ、以下のように入力します。

〇〇○.local:8090

Macの場合はボンジュールが内蔵されていますので、〇〇○.local:8090(〇〇○部分はご自身のPC名)で接続できます。
Windowsの方はこちらでボンジュールをダウンロードしてインストールするか、ご自身のPCのIPアドレスを調べて入力します。(ボンジュールをインストールするのが嫌な方はPCのIPアドレスを固定しておくと便利です。)


正常にサーバが起動していれば以下の画面が表示されます。
表示されない場合は再度ステラリウムを立ち上げ、リモート制御ボタンがオンになってるか確認してください。


137.jpg

共通機能として機能タブで機能の切り替え、画面表示切り替えボタンで表示切り替えが行なえます。

〇1.Main controlsタブ
共通機能のほか、日時設定、早送り、表示場所の変更、表示する方位角の変更、画面上の水平線の調整、視野角の変更が行えます。


138.jpg

〇2.Selectionタブ
共通機能のほか、観望対象の検索・導入を行えます。


139.jpg

〇3.空(そら)タブ
共通機能のほか、ステラリウムの星空の見え方の各種調整を行えます。



140.jpg

〇4.DSOタブ
共通機能のほか、星雲、星団、銀河など天体カタログの表示設定を行えます。



141.jpg

〇5.背景タブ
共通機能のほか、背景イメージの表示設定を行えます。



142.jpg

〇6.星の文化タブ
共通機能のほか、世界各地の星の文化で表示を行えます。(デフォルトは西洋です。)



143.jpg

〇7.Actions and scriptsタブ
共通機能のほか、用意されたオートパイロットで星空案内を行えます。
(上級者の方は自身でスクリプトを作成できます。)



144.jpg

〇8.観望場所タブ
共通機能のほか、観望地の設定変更を行えます。




145.jpg

〇9.投影法タブ
共通機能のほか、プロジェクタ出力を様々な投影図法に変更を行えます。(デフォルトはステレオ図法)

通常は1〜2のタブでほとんどの操作が可能です。
3〜9のタブはステラリウムの"設定画面"ボタンでの設定機能とほぼ同じです。



●操作用に覚えて置くと便利なショートカット(Windowsの方はコマンドキー→コントロールキーと読み替えてください。)
コマンドキー+T→ステラリウムのコントロールパネル表示・非表示の切り替え(必須です。)
・(プラネタリウム画面を)マウスクリック→対象の選択、コントロールキー
+クリック
→対象の選択解除
シフトキー+n,s,w,e(いずれかのキー)→北、南、西、東に表示切り替え


以上で使用できます。
ステラリウムは星空表示がキレイで細かく設定できるため、かなり満足度の高い投影が可能になると思います。
今回はローカルマシンでリモートコントロール、プラネタリウム画面を制御しましたが、リモートコントロール機能が充実しているため、LANで接続された他のマシンでもコントロール可能です。

見づらくて恐縮ですが、実際に投影した時の写真が以下になります。
実際にはかなり迫力があり、楽しめました。
プロジェクタを2台持っている方はスーパーなどもできるため、かなり本格的に操作できそうです。(やってみるかも。。)
興味ある方はお試しください。

147.jpg
149.jpg



関連記事
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター