fc2ブログ

天体用アプリのインストールコマンド一覧

RaspberryPi3以上であれば、StellarMateAstroberryなどのディストリビューションを用いて簡単に環境を構築できますが、他のシングルボードコンピュータを使用する場合はターミナルからSSHなどを用いてリモートでコマンド入力を行い環境を構築します。(SSHサーバの構築はサイトに多数記載があるため省略します。)

以下に天体用アプリ、及び関連して必要になる可能性のあるインストールコマンドを列記します。
環境構築の際の参考にしてください。



--system用各種アプリ、設定--

sudo apt-get upgrade

sudo apt-get -y dist-upgrade

sudo apt-get install x11vnc

sudo apt-get install synaptic

sudo apt-get install gdebi

sudo apt-get install ser2net


インストール後以下コマンドを実行し一番下の行に以下を追加

sudo nano /etc/ser2net.conf

4030:raw:0:/dev/ttyUSB0:9600 NONE 1STOPBIT 8DATABITS'



Linuxではシリアル通信をdialoutにしないと使用できないようなので以下を設定

sudo gpasswd -a ユーザ名 dialout



●NTPサーバ

sudo apt-get install ntp

sudo nano /etc/ntp.conf

以下を書き換え

#server ntp.ubuntu.com
server ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp
server ntp.nict.jp
(server ntp.ubuntu.comをコメントアウト後3行を追加して保存)


sudo /etc/init.d/ntp restart




●gpsd

sudo apt-get install gpsd

sudo systemctl stop gpsd.socket

sudo systemctl disable gpsd.socket

sudo gpsd /dev/tty○○○ -F /var/run/gpsd.sock
(○○○は起動させたいGPS)

cgps -s
動作確認→動いたら


sudo nano /etc/defaults/gpsd

以下を記載
START_DAEMON="true"
GPSD_OPTIONS="/dev/tty○○○"
DEVICES=""
USBAUTO="true"
GPSD_SOCKET="/var/run/gpsd.sock"



--天体用アプリ--

●ccdciel

sudo apt-add-repository 'deb http://www.ap-i.net/apt unstable main'

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys AA716FC2

sudo apt-get update

sudo apt-get install ccdciel



●SKYCHART

sudo apt-add-repository 'deb http://www.ap-i.net/apt stable main'

sudo apt-add-repository --remove 'deb-src http://www.ap-i.net/apt stable main'

sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys D79BF92A
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys AA716FC2

sudo apt-get update

sudo apt-get install --no-install-recommends skychart

sudo apt-get install skychart-data-stars skychart-data-dso skychart-data-pictures



●phd2

sudo add-apt-repository ppa:pch/phd2

sudo apt-get update

sudo apt-get install phd2



●INDI(KStars、astrometry.netサーバ、INDI Web Manager)

sudo apt-add-repository ppa:mutlaqja/ppa

sudo apt-get update

sudo apt-get install indi-full kstars-bleeding gsc

sudo add-apt-repository ppa:mutlaqja/libgphoto2

sudo apt-get update && sudo apt-get install libgphoto2

sudo apt-get install libgphoto2-6

sudo apt-get install astrometry.net

sudo apt-get install python3-pip

sudo -H pip3 install indiweb

sudo nano /etc/systemd/system/indiwebmanager.service


以下を記載

[Unit]
Description=INDI Web Manager
After=multi-user.target


[Service]
Type=idle
# MUST SET YOUR USERNAME HERE.
User=pi
ExecStart=/usr/local/bin/indi-web -v
Restart=always
RestartSec=5


[Install]
WantedBy=multi-user.target


上記コピペ、保存後
sudo chmod 644 /etc/systemd/system/indiwebmanager.service
sudo systemctl enable indiwebmanager.service
sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl status indiwebmanager.service



以上で環境構築が行えます。

正直敷居が高いですが、一つづつ動作確認を行いながら取り組んでください。(非常に手間がかかりますが。。。)

スクリプト化して半自動でインストールが行えるAstroPi3というスクリプト集もあります。

名称からRaspberryPi3用と思われがちですが、それ以外の環境でも使用できるスクリプトがありますので簡単に環境を構築したい方はお試しください。








関連記事
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター