FC2ブログ

SkySafari(Plus以上)で望遠鏡のリモート操作を行うには(Mac版)

SkySafari(Plus以上)には非常に優れた望遠鏡のリモート操作が内蔵されています。
接続できるマウントの数も非常に充実しており、メーカーから発売されているオプションを使用すればスマホで架台のコントロールが可能になります。
PC、スマホの天体ソフト全般を見渡しても対応架台の数、接続の安定性などトップクラスの性能です。

SkySafariはMac版、iOS版(iPhone、iPadユニバーサル)、アンドロイド版がありますが、それぞれ望遠鏡との接続方法が異なります。
望遠鏡の架台の制御はほとんどがシリアル通信によって行われています。(最新の架台はシリアル→USB変換、またはシリアル→WiFiで操作を行うものもありますが、USBや、WiFiを通してシリアル通信を行っているので、それらの変換機器が内蔵されているとお考えください。)

対応する架台リストはこちらをご確認ください。

●Mac版SkySafari(Plus以上)の望遠鏡との接続方法
シリアル・USB変換ケーブル、SkyFi(シリアル→WIFI)、SkyBT®(シリアル→Bluetooth)と一番幅広い接続方法が選べます。
それぞれに説明します。

前提条件として、どの接続方法をとるにしても、原則として望遠鏡のアライメントは済ませてから望遠鏡とソフトを接続してください。(下記設定画面にあるSkyfiのSet Time & Locationラジオボックスにチェックを入れておくとアライメント時に日時、場所の入力を省くことが出来ます。)

・シリアル・USB変換ケーブルを用いる場合
Macの場合純正のシリアル・USB変換ケーブルがありませんし、アップルからも情報がありません。
機器を購入する際は、変換チップがどこのメーカーのものか調べる必要があります。
Mac用のドライバも入手かのうなFTDI社のシリアル・USB変換チップを用いた製品がおすすめです。

iBUFFALO USBシリアルケーブル(USBtypeA to D-sub9ピン)1.0m ブラックスケルトン BSUSRC0610BS

新品価格
¥1,617から
(2019/10/4 13:28時点)




上記の製品はFTDI社のシリアル・USB変換チップが使用されています。

1.まずは事前にここからOSのバージョンに合わせたドライバをダウンロードしてインストールしてください。

2.インストール後に架台に付属しているシリアルケーブル(多くの機器はハンドルコントローラに接続口があります。)とシリアル・USB変換ケーブルを接続して、MacのUSB端子に繋ぎます。

3.メニューから"Telescope"→"Setup..."を選択

4.赤枠部分を使用する架台に合わせて選択します。(インターフェイスの項目は接続したシリアル・USB変換ケーブルに変更してください。)


113-1.jpg



以上です。
接続できればコントローラーなどが表示されます。


・WiFiで接続する場合
SkyFiというシリアル→WiFiアダプタが必要になります。
残念ながら日本では技適審査を受けていないため、国内販売されていません。
購入したい場合は、メーカーから直接海外通販になります。

シリアル+USBに対応したSkyFi2、更にbluetoothにも対応したSkyFi3があります。

同様の機能を持つ機器を自作することも出来ます。

ラズパイ(3以降)で自作する場合はこちらの記事をご参照ください。

こちらのプログラムを使用すればESP8266を使用して自作することも可能です。
(この場合はお使いの架台のシリアル通信コネクタの配線を調べる必要があります。)

ラズパイ(3以降)、ESP8266共、技適マークがありますので技適対応のシリアル・WiFiアダプタを手に入れることが出来ます。

接続手順としてはSkyFiのアクセスポイントに接続する手順が追加される以外は上記2〜4と同様です。
インターフェイスはTCP/IPに変更、SkyFiとの通信をIPアドレス10.0.0.1、ポート番号が4030でおこないますので、上記4の設定画面の青枠部分に記入してください。
自作する場合もSkyFiのIPアドレス10.0.0.1、ポート番号4030に合わせておくと設定が楽です。
(SkyWatcher社やセレストロン社の一部の架台でWiFi通信を内蔵しているものはマニュアルに記載のIPアドレス、ポート番号に設定してください。)


・Bluetoothで接続する場合
SkyFi3か、SkyBT®(シリアル→Bluetooth)を購入すれば、事前にペアリングを行うだけで上記2〜4の手順で接続できます。(インターフェイスの項目は接続したBluetoothに変更してください。)
しかし、残念ながらいずれの製品も技適審査を受けていないため、国内販売されておらず海外通販でしか手に入りません。

実はBluetoothにはSPPというシリアル通信の規格があるため、自作も簡単に行なえますし他のメーカで発売されているBluetooth シリアル変換アダプターでも接続出来てしまいます。
興味ある方はアマゾンなどで上記ワードで検索してみてください。

スマホ版の接続方法は後日記載します。



関連記事
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター