fc2ブログ

INDIドライバのRawについて

Rawは日本語では生という意味ですが、INDIドライバでPCで天体機器の操作や設定を行う場合には実は二種類のRawが存在します。

INDIのドライバ設定などで注意が必要な部分になりますので記載します。

●カメラの画像ファイルとしてのRaw
1つ目のRawはカメラの画像ファイルとしてのRawです。
一眼デジカメなどは処理エンジンやバッファを持っているので、カメラ側でJpegなどにエンコード出来ます。
それらの処理を行う前の画像ファイルがRawになります。
(Canonなど一部の一眼デジカメはRaw画像と呼ばれているものでもカメラ側で圧縮処理を行っています。)
天体カメラは処理エンジンを持っていないため、原則Raw画像でPCとやり取りします。
(INDIドライバでは、ヘッダ情報などを付属してFits画像として扱っています。)

この画像ファイルは処理ソフトがそのカメラに対応していないと画像として見ることも出来ません。
ファイルサイズも大きいため、PCなどへの転送も時間がかかります。

利点としてはカメラ側で画像処理を行っていないため、カメラのRaw画像に対応した画像処理ソフトがあれば画像処理のパラメーターをすべてコントロールできる点でしょう。

●転送形式としてのRaw
二つ目のRawは通信間の転送形式になります。
映像など非常にデータ量の多いファイルは圧縮処理をおこなって送信することが多くなります。この場合は送信側、受信側とも同じ圧縮形式で通信が行える必要があります。

送信側で圧縮処理(エンコード)、受信側で復元処理(デコード)を行います。
演算についてはハードウェア処理、ソフトウェア処理などがあります。
圧縮形式に関しても不可逆処理(画質劣化を伴う圧縮、圧縮率を高くできる。)、可逆処理(画質劣化が無い圧縮、圧縮率が低い。)

このように通信間の転送量をへらす処理をなにも行わずに送信側のデータをそのまま受信側で受け取る転送方法を通常Raw転送といいますが、INDIドライバの場合は通信する機器、またはリモートドライバのデータを直接受け取ることをRaw転送と読んでいます。
(これは誤表記ですね、紛らわしいことこの上ないです)

リモートなどINDIのドライバ間であればRawの隣にあるCompressを用いれば転送に圧縮を使用することができます。
(天体カメラなどでは重宝するかもしれません。ただし、転送量は減りますが、処理タスクは増えますので実際に速くなるかは確認する必要があります。)


さて、INDIドライバなどで天体画像や映像を扱うにはどのような設定が必要になるのでしょうか。
以下に機材ごとに記載します。

●一眼デジカメの場合
カメラ側で処理を完結できるため、それらを利用するとPCの負担を軽くすることが出来ます。

画像チェックのプレビューやSolver、LiveVideo(ライブビュー)などはすべてカメラ側で処理して送信します。
画像チェックのプレビューやSolverを行う場合はJpeg設定にしておくと転送量を減らせるので操作が快適になります。

画像の場合Fitsとネイティブが選択できますが、一眼デジカメを使用する場合はネイティブ(デジカメ処理ファイルを直接扱う)を選択してください。

LiveVideo(ライブビュー)もドライバが対応している場合、エンコード情報が送信(カメラ側)され、受信側でデコード(PC側)されます。(扱いはRaw転送!!!になります。)

静止画、ライブビューいずれも転送形式はRaw(カメラからの転送を直接受け取る)を選択します。
INDIの設定に転送項目にJPEGなどがありますが、これは受け取った画像をPC側でエンコードする項目なので設定する必要ありません。(一眼デジカメはカメラで変換後に転送されるため。)

●天体カメラの場合
一部の機種でバッファなどを持ったものもありますが、画像ファイル、転送ともRawになります。
画像に関してはINDIドライバ側でヘッダを付けてFitsとして扱っています。
保存する際にJpegなどへの変換は可能です。
(PC側で処理)
映像ファイルに保存する場合はPC側でエンコード、デコードを行っています。(転送量はRawのまま)
転送もカメラの情報がそのまま送られてくるのでRawになりますが、隣のボタンのCompressを選択すればリモート間の通信は圧縮できるはずです。(送信側のドライバで圧縮、受信側のドライバで展開のタスクが加わりますので転送が軽くなっても処理が速くなるかは処理を行うマシン次第です。)
プレビューに関してはそれぞれのドライバが画像を閲覧できるよう対応しています。(PC側で処理)

そのため、非力なマシンでは操作、処理共非常に重くなります。
天体カメラ側でハードウェアビニングなどの機能がある場合は利用することで転送量を減らすことが出来ます。
ほとんどの天体カメラはカメラ側でピクセルサイズを変更できますので、画像確認のためのプレビュー時や、Solverの際はドライバ、またはEkosでカメラのピクセルサイズを変更すれば処理などを軽減することは出来ます。

●Webカメラなど
動画ファイルを専門に扱うため、基本的にエンコード処理をカメラで行っています。INDIドライバはデコード処理を行う設定になっています。ハードウェアエンコーダーを内蔵していないカメラの場合、エンコード・デコード共PCで行うため、天体カメラと同様の扱いになります。(符号化されていないRawファイルが直接送られてくる。)PC処理の負担も大きくなります。
ハードウェアエンコーダーを持ったカメラだと、一眼デジカメ同様エンコード処理はカメラ側で行われるため、プレビューなどの際、コマ落ちなどのない快適な再生が行なえます。


INDIドライバでは転送に関しては原則Rawを使用します。(転送のCompressは送信側、受信側とも処理能力が高ければ高速化される可能性はあります。と、いうかリモートドライバを使用しなければ関係のない項目ですね。機器とのやり取りが圧縮されるわけではないので。)

混乱を招くので、できればドライバの項目を変更してほしい部分です。

ファイル形式に関してはプレビューやSolverなどでは極力ファイルサイズを抑えた設定にする一眼デジカメであればJpeg、天体カメラであれば、ハードウェアビニングや、ピクセル数の変更など)ことで快適に操作することが可能になります。(天体カメラでJpeg保存を選択してもPC側でエンコードを行いますので、通信の際の転送量は減りません。あくまで保存形式としてお考えください。)


追伸
私は撮影用のカメラは一眼デジカメを使用しているため、リモートで操作する際でもカメラ側の設定で転送量を変更できるため、INDIドライバのCompress設定を使用していません。
(以前試した際、さすがにカメラのJpeg画像送信よりは速くならなかった記憶があります。)
ピクセル数の多い天体カメラをご使用の方にとっては重宝するオプションになるかもしれませんので、天体カメラをご使用の方はぜひお試しください。



関連記事
スポンサーサイト



No title

詳しい解説、とても助かります。INDIGO Skyの項目にはCompressが見当たらないのですが、Stellar Mateならあるかもしれないので、今度見てみます。ありがとうございます。

Re: No title

にゃあさん

INDIドライバに関してはコントロールパネルのImage Settingタブの中段にRawボタンと横並びでありますのでご確認ください。
ラズパイの処理能力では?ですが、もしかしたらRaw(この場合は転送です、紛らわしいですね。。(笑))より速くなるかもしれません。
非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
05 | 2023/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター