FC2ブログ

NanoPi-M4で天体環境を構築するーその3・Armbianにて環境構築(最終)

過去2回に分けてNanoPi-M4で天体環境を構築するための準備情報を記載しました。

最終回の今回はArmbianを用いて環境の構築までを記載します。

Armbianを選択した理由は以下になります。

・初期状態でSSHサーバがインストール済み(ターミナルからすぐに設定を開始できる)
・あとからeMMCなどを起動ディスクに変更できる。
・avahiがインストール済み(IPアドレスを固定しなくても〇〇○.localでアクセス可能(〇〇○は任意に設定)

・synapticがインストール済み(ソフトの追加が楽)
・armbian-configが便利(初期設定をかなり簡素化できる、起動ディスクの変更も行える)


上記の通り、インストール初期の準備が簡単であること、起動ディスクが変更できるなど、あとから潰しもききますのでArmbianを紹介します。


インストール前に準備するもの
・SDカード
まずはSDカードにシステムを構築します。Solverのインデックスファイルなどもありますので32GB位をご用意ください。

SDカードフォーマッター
SDカードの初期化用です。

OSイメージをUSBメモリやSDカードなどに書き込むツール
Etcherなど、Macの場合はイメージのバックアップにも対応したApplePi-Baker v2がおすすめ

ターミナルソフト
お好きなものを

システムイメージ
Bionicの方をダウンロードしてください。(BusterだとINDI関連のリポジトリがありません。)

SDカードリーダー・ライター
可能であればUSB3対応のものを(イメージファイルはサイズが大きいので。。)

ネット環境
設定の際は有線接続をおすすめします。

HDMIモニタ、キーボード、マウス
なくても構いませんが、初回の設定の際はあったほうが楽です。

上記準備ができたらSDカードにダウンロードしたシステムイメージファイルを書き込んでください。

1.HDMIモニタ、キーボード、マウス、LANケーブルをNanoPi-M4に接続し、SDカードを差し込んで電源を入れます。

2.ターミナルを開き、ID root  Pass 1234 でログインします。

3.使用するユーザー名を入力、パスワードを設定します。

4.システムの更新
sudo apt-get update
sudo apt-get upgrade

5.armbian-configを起動
sudo armbian-config

System -システムとセキュリティの設定
Network -有線、無線、ブルートゥース、アクセスポイント
Personal -タイムゾーン、言語、ホスト名
Software -システムおよびサードパーティ製のソフトウェアがインストールされます

上記英字部分の4項目が表示されますPersonal 、Software の項目を設定します。

Personal項目での設定
・TimeZoneの変更→Tokyo
・Localesの変更→日本語に(このままでは日本語化されません、この記事をお読みください。)
・KeyBord→日本語用に
・HostName→英文字で任意の名前をつけてください。(次回以降〇〇○.local(○○○は任意名前)でアクセスできます。

Software項目での設定
・Softy→Sambaのインストール
・RDPのインストール

上記設定が済んだらExitボタンを押して終了します。

6.システムの環境構築に必要なソフトを追加
sudo apt-get install x11vnc
sudo apt-get install gdebi
sudo apt-get install spacefm

7.登録したユーザー名をダイアルアウトグループに(シリアル通信を使用するために)
sudo gpasswd -a ユーザ名 dialout

8.ようやくINDI関連のインストール

sudo apt-add-repository ppa:mutlaqja/ppa

sudo apt-get update

sudo apt-get install indi-full kstars-bleeding gsc

sudo add-apt-repository ppa:mutlaqja/libgphoto2

sudo apt-get update && sudo apt-get install libgphoto2

sudo apt-get install libgphoto2-6

sudo apt-get install astrometry.net

sudo apt-get install python3-pip

sudo -H pip3 install indiweb

sudo nano /etc/systemd/system/indiwebmanager.service


以下を記載

[Unit]
Description=INDI Web Manager
After=multi-user.target


[Service]
Type=idle
# MUST SET YOUR USERNAME HERE.
User=pi
ExecStart=/usr/local/bin/indi-web -v
Restart=always
RestartSec=5


[Install]
WantedBy=multi-user.target


上記コピペ、保存後
sudo chmod 644 /etc/systemd/system/indiwebmanager.service
sudo systemctl enable indiwebmanager.service
sudo systemctl daemon-reload
sudo systemctl status indiwebmanager.service


以上で初期の設定からINDIサーバ関連までをインストールできます。

インストールしたSambaサーバの設定は
sudo nano /etc/samba/smb.conf

で設定ファイルを変更します。


KStarsを日本語で使用したい場合はこの記事
EkosのアライメントモジュールでローカルSolverを使用したい場合はこの記事


PHD2など他にも追加したいソフトがある場合はこちらをご確認ください。

文章のみの味気ない記事ですが、上記順番に進めていけば環境構築できるはずです。
結構大変ですが興味ある方はチャレンジしてみてください。


追伸
2019.11.27現在、Armbianは新型のNanoPi M4V2には正式に対応していないようです。
現状では天体用にはNanoPi-M4のほうが無難です。


関連記事
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター