FC2ブログ

Astroberry-Jに追加機能を検討中→苦戦中

現在は新ディストリビューション移行のため配布を停止しました。
継続してご使用になられている方の参考資料として記事を残しますのでご了解ください。

表題の件、記事を記載中にいくつか検討する場所が見つかったので追加機能を付加したディストリビューションを配布するか検討しております。

しかし、いくつかの箇所でなかなかうまくいきません。。
以下進捗状況です。

不足要素(ポカミス要素)
・qDslrサーバの自動起動→追加済

追加検討要素
・トップページのリニューアル(スマホやタブレットから操作しやすいよう、noVNCボタン以外に、INDIWebマネージャー、再起動、終了などのボタンを追加)→機能が実現できたら最後に作成

・プラウザからのシステム終了機能→成功
・プラウザからのシステムリブート機能→成功
・プラウザからの時刻取得機能→変数の送信がうまく行かず失敗
・スマホのGPS情報をブラウザ経由で取得→ブラウザのssl化にひっかかり失敗、古いブラウザのみ成功
・ページのリダイレクトの廃止→従来どおりポート番号での管理に変更(現状のリダイレクトでたまにブラックアウトがあるため)
・Webサーバの変更→Apache2に
・PHPの追加(上記機能を実現するために)
・サーバ関連の管理を容易に→Webmin追加

初心者にも使いやすいようにと言いながら、結構操作が煩雑に感じていたのでブラウザから可能な限り簡単に上記機能にアクセスできるようにと検討しましたが、想像以上の大変更になってしまいました。

ブラウザからシステムにアクセスできるようにするとなると、サーバ関連に手を付けねばならず、あっちが上手くいけば
こっちは駄目の繰り返しに。。。
PHPを入れて、ブラウザからシェルスクリプトを送信出来るところまではこぎつけましたが、予想以上に困難なのがスマホからの時刻取得や、スマホのGPS利用です。

ラズパイ4がRTCすら持っていないため、天体系のアプリで最も重要な要素になる日時取得を簡単にできる方法がありません。。。
そのため、スマホの時刻情報を取得してシステム時計をあわせるスクリプトを検討したのですが、時刻情報が変数になるため一筋縄ではいかなくなりました。。

スマホGPSに関しては実はSkySafariを利用すれば情報獲得できますので、当初はその説明を記載しようかと考えていましたが、操作が煩雑になることや、そもそも紹介記事の架台のドライバがGPS情報の取得にバグがあるため路線変更した経緯があります。(事前に入力しておけば、現場で慌てなくてすみますし)
以前見つけたスクリプトでブラウザからGPS情報を取得出来るものがあったので、組み込んだのですがブラウザの仕様変更でSSL接続以外からはGPS情報を受け取らなくなってしまったため、この部分だけSSLにリダイレクトしないと使えないことになってしまいます。
なんとも面倒な状態なので、GPSは保留にしようかと思っています。

しかし、日時は毎回入力しなければならないためなんとかしたい。。。

現状ジャバスクリプトで取得した日時情報をPHPに渡すところで躓いています。

と、ここまで進んだところで、スマホやタブレットがiOSであれば、とても簡単に時刻所得出来ることがわかりました。

しかし、iOS限定です。

うーん。。どうしようか。。

もう少し思案してみます。
(ジャバスクリプトで取得した日時情報をPHPに渡すプログラム書ける方いますか?現状ではPHPからシェル操作ができる状態まではこぎつけましたが、このプログラム部分がなんとも動きません。。プログラム明るい方いらっしゃいましたらお助けください。。)

関連記事
スポンサーサイト



No title

astroberry-Jに追加で取り付けたRTCユニット。
FANと干渉してFANをケースの外に付けたり、少し面倒でした。
でも、これは、本当に便利です。
観測中に、rebootすることもあり、その都度、時刻情報をいれるのは本当に辛いです。

astroberry-Jをどう使うかは、個々人で違うと思いますが、位置情報は、一晩に一度入れれば保存されるので、さほど負担では無いと思ってます。
オヤジのように、ニワトリ95%では、一度入れたら忘れてしまいます。(笑)

何れにしましても、一つに纏めて調整して・・・中々出来る事では無いですね。
何時も、ありがとうございます。

Re: No title

天体機器制御用に利用するためにはシステム時計他、日時情報が一致していなければ使えません。

シングルボードコンピュータ全般に言えるのですが、そのために重要になる時刻情報の保持をデフォルトではしてくれません。
Astroberry-Jを配布する際一番悩んだ部分がここです。

屋外で使用するのでネットワーク接続ができませんし、GPSをそのためだけに組み込むのはこれから始めようとする方にとっては大きな障壁になると思います。
(すでにGPSDとNTPDの同期設定はしてありますが、使用するGPSに合わせてGPSDの設定を変更しなくてはなりません。)

現在の進捗ではiOSのショートカットアプリを使用すればボタンひとつで時刻合わせ出来るところまで来ていますが、これも登録などしないといけないのでなんとかブラウザでワンクリックで時刻設定が完了できればと考えています。

No title

こんにちは!

私もラズパイ4を入手しまして、今晩に初撮影に臨もうと考えております。
練習も兼ねて、GP+onstep赤道儀+BORG55FL+ペンタックスK-5IIsの組み合わせです。
家で一応全体の設定を済ませましたが、ここまで来るのでさえ、T-Studioさんのブログで詳細に説明して頂いているおかげです!!
しかし、ラズパイ4はATOMなスティックPCよりサクサクですね。びっくりしました!

Re: No title

やまぎりさん

軽く動作するのは、Linuxだからだと思います。(INDIもASCOMなどと比較するとかなり単純な仕組みなので高速です。)
ただ、ネットワークドライバなのでサーバの仕様変更などでもっと快適にはできるので、今その作業中です。。
(ネット業界の標準になりつつあるSSL暗号化が相当速度低下に繋がります。。)

No title

こんばんは~
Astroberryいいですねー、昨晩はPlateSolveのテストやってみたんですがダメでした。
どこがどうとは言えないので、もう少しわかってきたら質問させてください。

RTCユニットがラズパイについてないのが残念ですね。
外付けでもつけられるのですが、やはり邪魔なのと
スマホから操作するので、位置情報と時間情報がスマホから渡せると便利です。
ここは無理のない範囲で頑張ってください。

ラズパイ4とAstroberry、OnStepで快適な環境が構築できそうです。
撮影に行けないので工作とニワトリで遊んでいます。

Re: No title

B.S.R evolutionさん

こんにちは
一人で使用するものなのにnginxやらapacheやらのWebサーバの設定しないといけないのが面倒なところです。。
LinuxにもAbyssWebサーバのような気軽に設置出来るアプリサーバがあれば楽なんですけどね。。
スマホ側の時刻やらGPS情報やらをシステムに渡すという流れ自体がかなりイレギュラーな操作になるのでセキュリティやらなんやらでひっかかりまくりですね。

Solver非常に快適なので、是非操作おぼえてみてください。
電子ファインダーに合わせたインデックスファイルしか入れていませんので、お使いの機材の視野分のインデックスファイルを追加してください。
非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
Macやシングルボードコンピュータを使用して天体を楽しむサイトです。
カテゴリから選択して順番に読むとアプリなどの使い方の説明となるようになっています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター