FC2ブログ

10cm3枚玉アポと高感度SDI防犯カメラの見比べ観望

月が半月で、若干霞んでいるなど、条件としてはかなりイマイチですが、雲がほとんど無く晴れていましたのでいつもの広場まで頑張って機材を持ち出して最近チェックしている高感度SDI防犯カメラを自作DSCをつけたHF経緯台+10cm3枚玉アポに同架して、見比べ観望をしてみました。

当地はここにきて急に冷え込み、昨夜はマイナス気温になりましたので私自身がゆっくり観望できるのは今年最後のチャンスになるかもしれません。

いつもは雲や霧を気にしながらのセッティングですが、今日は大丈夫そうです。

62531728597__08FDE519-5192-4F19-B220-A6A6B2D46E6B.jpg

深夜ではないので広場は照明がついています。フラッシュ炊かなくても写真を撮れるほど明るいです。。
(まあ、雲が無く晴れるなんて今年ありませんでしたので贅沢は言えません)

IMG_3626.jpg

昨日パラメータを調整したカメラの写りはこんな感じですね(画面は二重星団です。)

まだ通販で頼んだレンズ(12mm~120mm)が届いていないので、75~150mmのカメラレンズ(F3.5)です。
二倍ズームなので、ズーム遊びは出来ませんね。

望遠鏡の方も低倍率にしてカメラと位置合わせしてありますので、対象を導入すれば望遠鏡でもカメラでも同じ対象が見えるようになっています。

照明と月の明るさが気になりますが、チェック開始です。


まとめ

40%縮小、無加工(動画からフレーム切り出し)で一覧をつくりまとめました。
左上、から月、M2、サターン星雲、M31、二重星団、はくちょう座サドル付近、St2(二重星団左隣にある散開星団です。)
月が出ており、若干の霞空でのですので悪条件でどのくらい見えるかの参考にしてください。
(冬の対象が見える深夜まで粘ろうと思って、そこそこ着込んで挑戦しましたが1時間半くらいで身体が冷え切ってきたため挫折しました。。もう、真冬の装備でないと無理そうです。)

昨日パラメータを設定したのでカメラはフォーカス以外いじっていません。月であろうが二重星団であろうが自動で適正露出にして表示してくれるのは本当に楽です。
条件が悪かったため、10cm三枚玉アポの方での眼視ではカメラに全く太刀打ち出来ませんでした。
感度は圧倒的にカメラのほうが上です。

しかし、星像の美しさはやはり眼視観望が良いですね。モニタの絵はやはりざらついて見えます。

高感度SDI防犯カメラはこのようなリアルタイム観望には非常に適していると感じました。
画質は正直画素数の多い天体カメラや一眼デジカメには太刀打ち出来ません。
画像処理エンジンが結構画像を作ってくれるので観望会やメシエマラソンなどでガンガン対象を導入して確認する用途などにはとても適しているかと思います。

反面、画像処理エンジンでの露出が最大1秒に限定され、コンデジ並に画像を作っているので淡い対象をあぶり出すような用途には不向きです。(星雲とか、写ったところで確認程度でしょう)
正直後加工してもリアルタイム観望した時の印象とそこまで大きく変えることは出来ないと思います。
天体写真のように仕上げたいのであれば、時間をかけて天体写真を撮るのが一番です。(当たり前ですが)

動画でスタッキングして絵をまとめる場合は惑星同様最低でも1000枚ほしいですね。(そのくらい重ねないと画像がなめらかにならないと思います。)

最初にパラメータの設定さえしてしまえば、後は何も操作せずにここまで写り、リアルタイム・正立像で確認できますので、実は初心者の観望向けの入門機材として最適ではないかと感じました。(配線した状態で箱にでも入れれば尚良し)販売すれば売れるかもしれません。)
これだけ見えるので、教材的な価値もありそうに感じます。

レンズが届いたらズーム遊びもしてみたいですね。(プラネタリウムアプリで確認しながら導入すれば、自動導入や導入支援すら必要なくなるかもしれません)




関連記事
スポンサーサイト



No title

このシステムの稼働は、光害地での観望に朗報ですね! 特に散開星団や二重星の観望に好適のような気がします。ひょっとして冥王星とかも見えるのでしょうか?

現状では赤い散光星雲を炙り出すには至ってない感じですが、これは今後、時間の問題のような気がします。
ラージフォーマットの防犯カメラが欲しいですね!

No title

このシステムのように、鏡筒とディスプレイが同じ方向を向いているというのは、何気に大事な気がするのですよ。肉眼で眼視しながら、ディスプレイで形が確認できるとなると、体験としての「見ている感」が俄然、向上しますよね。すばらしいです。

テーブルの上にパソコンがあって、鏡筒はぜんぜん違う方角を向いていると、「見せてもらってる感」が避けられない気がします。「見ている」と「見せてもらってる」ではユーザー体験がぜんぜん違いますね。

No title

シベットさん

処理エンジンでかなりレンジを広く撮れるのでかなり見えますよ。
(撮影時は肉眼で3等星がやっとといった感じでした)

冥王星いけるんじゃないでしょうか。
(Solverかけていないので定かではありませんがかなり微光星写っていますので)
写真はムービーのフレーム切り出しでスタッキングなどの後処理まったくしていませんので、リアルタイムにPCレスでこの映像が見えている状態だとお考えください。

実は防犯カメラ用やドライブレコーダ用に開発されている撮像素子自体は赤外感度が高く設計されている傾向があります。(暗所撮影で赤外線を投光することをベースに設計されているため)

ただし、天体のように非常に弱い光を長時間露光で撮影する用途は考慮されていませんね。

なので現状では炙り出し用途より高感度を生かした検出用途に向いているかもしれません。

ラージフォーマットの産業カメラとかで天体用途にも転用できそうなものもありますが、天体カメラより10~20倍くらい高額です(苦笑、中国に期待でしょうか)

個人的には防犯カメラに天体用のモード(長期露光)がつけばいいのになと感じています。(SDIのような映像信号の方がUSBより扱いやすいので)

Re: No title

にゃあさん

今回は画像処理まったくしていませんので、ほぼリアルタイムにこの絵が表示される環境ですよ。
(PCも使用していません。)

皮肉な話ですが、10cmアポで見えない対象を確認しながら導入できました。(苦笑、10数倍高かったのに。。)

購入が全くお手軽ではないのが難点ですが、観望自体は本当にお手軽です。
12~120mmのCマウントレンズ使えば、SkySafari見ながらどんな対象も手動導入できそうですね。
(ズーム観望ちょっと期待しています。)

フォーク型経緯台

最近、Ekosのカメラmoduleで見る、リアルタイムの1枚画像は、それなりに写っているのに、画像処理すると駄目なコンポジット画像になり、落ち込んでます。(爆)
ところで、フーク型経緯台、良いものを所有されてますね。
経緯台も欲しいのですが、横向きで取り付けるのがどうも駄目で、こんな経緯台もあるのかと、ネットサーフィンしている所です。
基本、江ノ島の望遠鏡3分100円(今、値段は違うかも)が好きです。(笑)

Re: フォーク型経緯台

オヤジさん

この件シベットさんともやり取りしていましたが、天体カメラの場合Gainの設定が画像処理に影響を与えることになりますよ。
Gainは0かハイゲインモードに切り替えの数字(カメラにより異なります。)のいずれかが最もダイナミックレンジを稼げる数字になりますので、その数字で撮影します。
(ゲインを上げても感度がよくなるわけではなく、モニタ上での表示が見やすくなるだけです。)

HF経緯台は対空双眼用に新旧2つ持っています。
お手軽観望には便利ですね。
AZ-GTiすごく良いと思っているんですが、SE-AT100N架台がすでにあり、搭載重量が大して変わらないので悩める所です。。
(C8位乗っけられるとありがたいんですが。)

ハイゲインモード

ハイゲインモードで検索したら、まさにあ、その事が書いてありました。
モニターの写りが悪いので、ゲイン上げるだけあげてました。
何も知りませんでした。お恥ずかしいです。
先々週、偶然ですか、ゲインゼロで、撮影を開始して途中で気がついたけど最後まで撮影。
コンポジットしたら、良く写って何かの間違いだと思いました。
次回、ゲインゼロで撮影してみます。(汗)

No title

オヤジさん

この問題ってもろもろ面倒なのでまた記事にしますね。

この問題ってもろもろ面倒なのでまた記事にしますね。

楽しみにしてます。

No title

オヤジさん
記事にしましたよ。
非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター