fc2ブログ

KStarsが3.5.0にアップデートしました。

旧聞ですが、KStarsが3.5.0にアップデートしています。
こちらは以前記載したINDIドライバのアップデートと同じく11月21日にアップデートされていたのですが、Linux版はaptの反映が遅くMac版やWindows版が先を超すという珍しい進行でした。

今回の目玉はなんといってもStellaSolverのKStarsへの組み込みでしょう。
以前のバージョンでもSextractorを利用することは可能でしたが(詳しくはこちら)今回は追加アプリなしで依存関係なども含めて全てアプリ内に組み込まれています。

簡潔に言うと、いくつもの依存関係などをインストールして設定しなくても、KStarsさえインストールすれば新しいSextlactorを利用した高速なPlateSolvingが利用できると言うことです。

特筆すべきはWindows環境においても利用できることでしょう。(今までは環境構築が大変でした)
(ただし、この高速なPlateSolvingを使用するためにはINDIドライバを使用する必要があります。)

LinuxとMacはINDIドライバ・サーバがネイティブに動作しますが、Windows版ではサーバ・ドライバを動作出来ないのが歯がゆいところです。

Windows環境でPlateSolvingの速度や安定性でお悩みの方はStellarMateや私が配布しているAstRPiなどを利用してINDI環境をお試しになってみてください。
INDIサーバ・ドライバはリモートで使用できますのでWindowsのクライアントでも動作させることができます。
(ただし、画素数の多い天体カメラなどはネットワークでドライバを使用するとダウンロードに時間がかかります。ビニングやダウンサンプリングを利用して快適に使えるよう事前に設定する必要があります。)

すでにお使いになっている方はご存知だと思いますが、PlateSolvingに関してはINDI環境は現状では他環境と比較して群を抜いて高速で安定しています。

今回のバージョンではマルチスレッドにも対応しましたのでますます高速・安定動作が追加インストール無しで実現しています。


今回のバージョンでは更に解析モジュールが組み込まれました。
撮影などには全く不要な機能ですが、今後この機能でデバッグが進み使いやすい環境が生まれることに期待したいと思います。(ここにあるように膨大な改変が続いていますので。。)

関連記事
スポンサーサイト



No title

StellaSolveですが、最初、何も知らずに何時ものように星導入してましたが、ちょっと、早すぎないか!で、画面をみて、solve部分が違うことがわかりました。
Optionsで、色々、いたずらしましたが、defaultで良い感じです。(笑)

Re: No title

オヤジさん

PlateSolvingは本当に充実しましたね。
今回は中に組み込まれたのでどの環境でも恩恵受けることができるようになりました。

後はライブスタッキングと操作性ですね。。(ライブスタッキングはずっとペンディングです)

No title

T-Studioさん、オヤジさん、

StellaSolve は以前の PlateSolvingより早くなった気がします。もう ASTAP は入れなくても大丈夫ですね。

Re: No title

タックさん

以前テスターアプリで使用していた依存関係を全てKStars内部に組み込んだようです。
間違いなく最も充実したPlateSolving環境でしょう。

皮肉な話ですが、INDIサーバ・ドライバでしか使用できないのが認知を妨げてしまっているようにも感じます。。。
(Windows用のINDIサーバ・ドライバでも出れば話は別でしょうが。。)

今のINDIに必要なのは普及と開発者の数でしょうかね。
非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター