fc2ブログ

KStars3.5.2、INDILibv1.8.9が発表されました。

どうやらドライバなどの大幅な更新をしているようです。
これだけ大幅な変更は久しぶりかもしれません。
開発者もかなり覚悟を決めて取り組んでいるのでしょう。

●KStars v3.5.2の変更点

・Load&SlewのAlignmentモジュールに手動回転ダイアログを追加。これで、電動ローテーターを持たないユーザーもlカメラを手動で調整して、目的のフレーム方向を調整可能。

・Ekos Polar AlignmentAssistantの大幅な改善
1.空のどこを指しても極軸調整が可能。
2.ユーザーインターフェイスの変更。
Ekosに三角形が表示され、選択した星(円で囲まれている)を黄色の線の上に移動して高度を調整し、次に紫色の線の上に移動して方位角を調整。その際、「PAエラーの更新」がチェックされていると、システムは残りの極軸合わせエラーを推定可能に。

・フォーカスモジュールの改善(メモリ制御など)


●INDIライブラリv1.8.9

・不足しているexecを追加
・ホームポジションに役立つメッセージを追加
・最高のホームレートとサイド
・ USBとDewのラベルを追加(#1355)
・スターアドベンチャーのエントリを追加
・構成にモーターレートと電流を追加保存
・CEM26とGEM28を追加。CEM40およびGEM45ドライバーをiOptronv3コマンドに移行し、パーク制限を削除。修正#1354
・CelestronGPSガイダースケールの最終修正(#1353)
・DDW状態変更修正パート2(#1351)
・Paramountのマウント側に予備サポートを追加(未テスト)
・DDWシャッター状態の修正(#1349)
・有用なマクロをindimacros.hに分離(#1348)
・Pegasusにマイクロもサポートを追加
・DDWドライバーの状態変更の処理の修正(#1346)
・PyIndi​​が欠落しているシンボルをフェイルオーバーする問題を修正(#1347)
・DDWドライバーの更新(#1344)
・DDW通信ウォッチドッグの回避(#1342)
・Driver for Digital Dome Works(DDW)from Technical Innovations(#1341)
・SkyWAtcher Alt-Azの更新
・AZEQ6のサポートを追加
・rishi-garrodV2のAutoDewを修正し、V2のAggessivenessを追加。いくつかの点灯を修正…(#1340)
・シリアル接続にnullポインターチェックを追加(#1335)
・WeatherInterfaceにsaveConfigItemsを追加し、それを継承するクラスで利用
・コードを簡素化し、より適切な変数名の使用
・d33pskyIntegra85ドライバーの健全性チェックと改善されたユーザーメッセージ。(#1334)
・ celestronGPSガイドレートスケーリングの修正(#1331)
・DefaultDevice-D-Pointerの実装(#1327)
・Trackingのオン/オフを切り替え機能の追加(#1326)
・リファクタリング-ウィジェットデコレータ(#1324)
・遅延計算のためのIliaPlatone indicom.cアップデート(#1328)
・フレームベースのV4Lスタッキングループパフォーマンスを向上させるためのレイジーストップキャプチャ(#1325)
・ジョイスティックコントローラーにスヌープデバイスを追加(#1323)
・出力ポートの操作に関する問題の修正(#1322)
・一部のクライアントとのデッドロックを防ぐための一時的な対策。(それでも長期的なソリューションが必要)
・リファクタリング-ファイル間の依存関係が少ない/ mallocが少ない(#1318)
・リファクタリング/ INDI :: BaseDevice-D-Pointerの実装(#1320)
・Sesto Senso 2:モータープリセットの問題の回避(#1319)
・libindiv1.8.9開発サイクルの開始74615e62021-01-11 JasemMutlaq
・複数で使用する場合のプロパティとメッセージの保護スレッド。(これは以前は正常に機能していましたが、条件によってはデータが破損する可能性があります)
・Indidriver / refactoring(#1313)
・Senso 2:モーター設定(#1315)

今まではほとんどメイン開発者のジェセムが修正を行っていましたが、今回は協力スタッフと共に大幅な修正・変更をおこなっているようです。

真摯にブラッシュアップに取り組んでいるようで好感が持てますが、上記を見るに明らかに大改修のファーストステップといった雰囲気です。

私は、現状バグを回避で問題なく使用出来ていますのでフォーラムで様子を見てからアップデートを検討します。
(さすがに大幅すぎて怖いです。。。)
関連記事
スポンサーサイト



No title

[空のどこを指しても極軸調整が可能]これは、私にとって朗報です。Stellarmateも1日付で、Updated INDI Library v1.8.9 and KStars 3.5.2 となってました。ちょっと入れ替えるのが怖いですが(笑)

No title

にゃあさん

フォーラム確認しましたが、大分混乱しているようです(苦笑)
フォーラムのトラブル報告の殆どはEkosのドライバ自動起動をオフにして、ドライバをコントロールパネルで一つずつ接続して設定を行って保存すれば回避出来るのですが、ドライバの初期値が不十分なまま配布され、デフォルトでEkosnoドライバ自動接続がオンになっているため、使用するドライバによってはトラブルからスタートする羽目になります。。。(Linuxの場合はudevルール書き換えないと正常に自動起動しないのに。。)

実はドライバ自体のバグはかなり少ないのですが、パークの扱いやEkosのドライバの扱いなどルールが不十分なのでトラブルを起こす状況を作ってしまっています。
この部分を見直しさえすればフォーラムがあのような状態にならないのにな、と感じています。(開発者自らトラブルの種を作っている感もありますね。。操作系や、ドライバ設定の扱いなどにいくつか矛盾や不足が残ったままですので。)

No title

何時になく、大量修正なんですね。

最近は、Mac環境で観測してるので、KStarsもPHD2も、過去のDownload_Fileも保存してます。
今夜前半が晴れ予報でしたが、00時過ぎから朝まで晴れに予報が変わりました。
ちょっと、動作確認で、Tryしてみます。

No title

オヤジさん


Macが使える環境であれば、現状は制御に関してはMacが一番トラブルが少なく、使いやすいと思います。(アプリに一式組み込まれていますので)

にゃあさんの返信に記載しましたが、初期ファイルの扱いや制御の流れとしておかしな部分を避ける運用を覚えれば実はトラブル出ないんですけどね。。
それらを把握しないとダメな部分があるので、初心者泣かせの環境ではありますね。。(メス入れるならこの部分に入れてほしいです)

No title

随分たくさん修正されていますね。自分はIndiは Indi DriverとIndi ClientをつなぐOSとしてしか使っていないので最新のバージョンを追いかけるのはしないのですが、「複数で使用する場合のプロパティとメッセージの保護スレッド。」が気になります。今時分が使っているのは1.8.5ですが、同じIndi Clientから別スレッドでコマンドを送るとコマンドがぶつかることがあり、Indi Client内でちゃんと排他処理してやる必要があるみたいです。これが治ったのかな。

Re: No title

nekomeshi312さん

今まではエラー報告に対して応急措置程度で対応していましたが、今回は根本からの刷新のようですね。
INDIはStellaMateが出来る前に大幅に機能が増えたのですが(私も沢山要望出しました。)その際かなり建て増し状態になったのでしょう。
現状でもドライバの項目調整や、インターフェイスの矛盾点など改善すればエラー報告が減ると思うのですが、開発者はプログラムで対処を考えているのでしょう。
今回はジャセムだけで無く多くの協力スタッフと協働しているようなので環境が改善されることを祈っています。

No title

こんばんは。
Windows版をインストールして、NanoPiNeo2に接続してみたら結構いい感じでした。
私は謎のFITSビューワーが起動する現象と極軸合わせに期待しています。

EKOSの中にMountコントローラがありますが、あの周辺にReturnHomeってあります?
私の見落としかもしれませんが、最後にHomeに戻す際にはINDIのドライバ画面から
戻さないといけないので少し面倒に感じています。

Re: No title

B.S.Revolutionさん

NanoPiNeo最新版にされたのでしょうか。
良くなっているとしたら朗報ですね。

私はHomeに戻す機能を使っていませんが(そのままオフにするので)、Ekosの場合スケジューラでParkして終了する流れを想定しているのかなと思います。
本来の使い方ではありませんが、Parkポジションをホームポジションとして登録するか、星図でクリックしてGOTO(こちらの方がおすすめ)するかのいずれかになるかと思います。

No title

TーStudioさん
あれから動作の安定しているUbuntu MATE64bit20.10はアップデート無しで安定して動作しています
一つわからないのはEkosからダイレクトにIndi server起動するととASI294mm proの1x1bin画像はダウンロード出来ますがWebmanegerでIndi serverを起動するとダウンロード出来ません
2x2binはどちらでもダウンロード出来ます
これはAstoroberry Serverでも同じ症状です
それからラズパイ4 8G Ubuntu MATE 64bit(これは新規にインストールしました)ではどちらの方法でも1x1bin画像はダウンロード出来ません
この辺り対処方法がわかリません

Indi starterでの起動でもダウンロード出来ます

INDIライブラリv1.8.9はラズパイ4 4Gだと問題なく動作しています

Re: No title

桐村さん

確認箇所は2つになります。

1.ドライバの設定
2.Ekosでの起動設定

INDIWebマネージャーでドライバを立ち上げるときはEkosのプロファイルエディタで以下の設定をお試しください。

https://tstudioastronomy.blog.fc2.com/blog-entry-408.html

No title

TーStudio さん
ありがとうございます
そういう設定方法もあるんですね
早速試してみましたが状況は変わらず1x1binでの画像はダウンロード出来ずにダウンロードの表示で止まったままです
ラズパイ4 8Gでも同じでした
Ekosからのサーバー起動では大丈夫ってのもどうも理解できません
何かUSB関連がうまく行ってないのでしょうか?
まだまだIndiのドライバーが問題あるのかな?

Re: No title

ドライバのXMLファイルの扱いからすると、この方法がルール通りですね。(Ekosのプロファイルエディタのインターフェイスに矛盾があります。)

ドライバの初回起動時や動作不良がある場合はドライバ起動後はコントロールパネルでチェックし、動作したら設定を保存してからEkosで操作の流れになります。
トラブルの多くはドライバの設定不足です。

これでも正常に動作しない場合はOSとドライバの不整合(ARM64は安定するのに時間がかかります)ですね。

ドライバがOSに対応するのを待つか、システムの不具合部分を調整するかといった地道な作業が必要になります。

No title

TーStudio さん
その後まだ格闘していますがIndiwebmanegerでサーバー起動してCcdcielだと画像ダウンロード出来ます
Ubuntu MATE 32bit 64bit共に同じです
Ekosの問題でしょうか?
この辺り確認方法、解決方法あると良いのですが
Kstarsが使いやすいのでなんとか使えるようになってほしいです

No title

桐村さん

文面からはEkosのように感じますが、一度ドライバコントロールパネルからシャッターを切ってみてください。

ドライバ、Ekosキャプチャモジュールで画像の保存場所がどこになっているかを確認してみてください。(保存ディレクトリが日本語名だとトラブります。必ず英語名のディレクトリに保存してください。)

starbook ten

TーStudioさん

はじめまして。
windows10を使ってASTRpiを制御していますが、
EKOSの設定でstarbook tenが接続できません。
設定画面にはstarbookが出ているので、そちらを選んでいます。
何か他にも設定する必要があるのでしょうか。
初歩的な質問で申し訳ございませんが、ご教授いただければ幸いです。

No title

岡崎さん

はじめましてT-Studioです。
私が所有していない機種ですのでどのようなパラメータかあるかわかりませんが、調べて見たところこのドライバはスターブック用のようです。

TENでも使用できるかは以下の手順でご自身でご確認ください。

1.Ekosのプロファイルエディタでドライバの自動接続のチェックを外す。
2.Ekosでドライバを起動後、コントロールパネルで設定・接続・動作確認を行う。

設定する項目は以下です。(INDIは所有している機器以外はパラメータを確認できませんので一般的な事項を記載します。)
・マウントのIPアドレス(スターブックはIP接続だったと思います。)、コントロールするシリアルの速度
・望遠鏡の焦点距離など

上記を設定してコントロールパネルで接続出来るか確認します。
接続できれば確認要素に、接続出来ない場合は上記以外に事前に設定が必要な部分があるかを確認し、接続確認を繰り返します。

確認要素
・緯度・経度・日時がドライバに読み込まれているか。
・コントロールパネルからマウントを動かせるか(東西南北)

上記がすべて整ったらコントロールパネルで設定を保存します。
その後、Ekosで制御する流れになります。

スターブック用のドライバなのでTENで使えるか否かは上記を試してみないとわかりませんが、上記のように自動接続を解除してからパラメータを設定してお試しください。

ありがとうございます

T-Studioさん
ご丁寧なアドバイスありがとうございます。
いろいろ試してみましたが、どうもStarbook tenは、認識しないようです。
非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター