fc2ブログ

Astroid Smart Astronomy Camera

以前記事にしたラズパイ+カメラ+システム・アプリを統合した観望支援環境がβテスト版になったようです。

2021-09-19 010427

商品紹介ページを見ると以下のような構成のようです。

・ラズパイ4を利用
・IMX327カメラモジュールを利用
・独自システム+アプリで制御(アプリ機能としてはライブスタッキング、極軸合わせ、独自のPlateSolving機能、Webアプリとして利用できるPlateSolving+カメラ制御+プラネタリウムアプリ内蔵)
・おそらくアルミ製の専用ケース

βテスト用として上記セットを利用できるようです。(価格が不明)

ラズパイのWIFIスポットにスマホ(もしくはPC)でアクセスし、システムに組み込まれたWebアプリにアクセスして利用するようです。

このセットを使って、独自PlateSolvingを利用した位置解析、ライブスタッキング、極軸合わせが出来るようです。

https://www.youtube.com/channel/UCuoaRo2HWuD6Cw7Bxh6QvOA

上記Youtubeのビデオで一通りどのようなことが出来るのかわかります。

ラズパイとカメラがセットになっているのでどのような架台にも取り付けられます。
独自PlateSolvingを利用した位置解析による導入支援にも使えますし、レンズを外して鏡筒に取り付け導入支援機能とライブスタッキング機能がついたカメラとして利用するのも面白そうです。

Webアプリで上記機能が全て利用できるのも便利ですね。
入門用機器をお使いの方~ドブソニアンなどの大型の機器を利用しているマニアの方も便利に使えそうです。(導入支援、スタッキング機能付きカメラなどが簡単に追加できます。)
値段いくらなんでしょうか、かなり興味があります。(INDIとも共存できるのかな?)



関連記事
スポンサーサイト



No title

これは楽しそうなガジェットですね! 主に電子ファインダー用途で、ハードではなくてソフトウエアで勝負するような商品でしょうか。ラズパイ本体が別だとするなら、ケースとカメラがセットで1万5000円〜2万円程度で出てきてほしい気がします。

No title

にゃあさん

本当に入門者からドブソニアンのような大型機材を持つ方まで幅広く便利に使えると思います。

starsense explorerのカメラが高機能(ライブスタッキング、極軸合わせ、プラネタリウム+カメラ制御アプリ)になったような感じですね。

望遠鏡本体をいじることなくPlateSolvingを利用した導入支援、ライブスタッキング、極軸合わせなどが使える理想的な環境になると思います。

No title

フォーラムでやり取りしたところβテストキットは299ドルのようです。

実に微妙な価格設定です。。。(天体用に特化したカメラ+アプリセットと考えれば妥当かもしれませんが)

こんにちは

こんにちは。
Astroidの日本と韓国の販売を担当している者です。現在3台持っています。送料及び手数料などを考えると最低40,000円以上になると思います。そして今のテストはBETAテストでもない開発中のテストです。私が使ってみたところ焦点距離910アイピース9mmを使ってターゲットがセンターに入りました。ただ開発中の物なので反応スピードが遅いです。他に質問がありましたらメールください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: こんにちは

ご連絡ありがとうございます。

開発者のサイトにアプリがダウンロード出来る状態でしたがアプリのみ試すことはできますでしょうか。

当方で配布しているAstRPiに組み込んでチェックできたらマウントなどの制御も出来るので面白そうだなと思いました。

アプリ(サーバ部分含む)は今後有料で独立して販売する予定はありますか?
(有料販売のソフトになる場合は組み込み出来ないので個人的に購入などして試したいと思います。)
非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター




科学・学び 人気記事 一覧 科学・学びブログ天紹介所