fc2ブログ

ゆる天☆スマホで星を見る

スマホのカメラ機能が大分進化したからか、観光地などでもカメラを持つ方が減っているように感じます。

星空を見るときもスマホのプラネタリウムアプリは非常に役立ちますし、暗いところを照らすライトにもなります。
カメラ機能もそのままでは星を写すのは結構厳しいですが、別途長時間露光が可能なカメラアプリを用意したり、双眼鏡やフィールドスコープなどでコリメート撮影(接眼部にくっつけて撮影)すれば、月(惑星もなんとか)などを撮影することが出来ます。

準備するもの

・スマホ

・長時間露光が可能な撮影アプリ(私は星取カメラくんというアプリを使いました。


・三脚または三脚になる自撮り棒(私が使用したのは以下の商品)

自撮り棒 【2022年最新ミニ、安定モデル】スマホスタンド 三脚 スマホ gopro デジカメ兼用 じどり棒 iphone android対応 じどりぼう スマホ 三脚 コンパクト 自 撮り 棒 リモコン付き 携帯スタンド 折りたたみ式 セルカ棒 71cm&7段階伸縮 selfie stick 360° 260°可調節 iPhone/Samsung/Galaxy/Sony/Xperia/LG/SHARP/Xiaomi/OPPOなど4-7インチ多機種対応 セルフィー/撮影用スタンド/動画鑑賞/生放送に最適

新品価格
¥2,199から
(2022/11/5 22:39時点)




・フィールドスコープまたは双眼鏡(私が所有しているのはCelestron-Regal-100-F-ED-22-67x100(廃盤)

1240826481_617049.jpg

・スマホアダプター(私が持っているのは以下の商品)

ANQILAFU ユニバーサル 携帯電話のアダプタマウント は - iPhoneのソニーサムスンモト用など - 両眼単眼スポッティングスコープ望遠鏡と顕微鏡との互換性の世界の自然を記録します フィット (スマートフォン用アダプター) [並行輸入品]

新品価格
¥1,860から
(2022/11/5 22:53時点)





実際に撮影してみた画像が以下

IMG_4830.jpg

こちらは自撮り棒を三脚にして、星取カメラくんというアプリで10秒露出したものです。
一応星は写りますね。
10秒露出しても、高感度監視カメラ+ズームレンズの組み合わせよりは大分劣ります。。。


IMG_4836.jpg

こちらはフィールドスコープをコリメート撮影したものです。(接眼部にアダプターがはまらず、手持ちで撮影しました。。。)
コリメート撮影するときはスマホのカメラは広角なのでデジタルズームでケラレがなくなるようにズームします。
月などは明るいので撮影しやすいですね。
接眼部にコリメート用のアダプターが取り付けられればすぐ隣にいた木星や、星取りくんアプリで星雲なども撮影してみたかったのですが、手持ちではとても無理だったので挫折しました。

さすがに天体カメラなどと比べることはナンセンスですが、少し工夫すればそこそこ楽しめます。
フィールドスコープを所有する方は少ないかもしれませんが、双眼鏡であれば家にある方も結構いらっしゃると思います。

双眼鏡って意外と結構コリメート撮影と相性いいですよ。
片方で観望、対象導入、もう片方でその対象を撮影という使い方ができます。(双眼鏡でも結構な拡大率になりますので手持ち撮影は無理ですよ、以下のようなアダプターで三脚に双眼鏡を付けて撮影してください。)

双眼鏡アダプター 双眼鏡三脚アダプター 望遠鏡固定アダプター ぶれ避け 望遠鏡位置ホルダー 三脚への接続 滑り止めベース 1/4スレッド 金属材質 風景・キャンプ・星空・観戦など最適ツール

新品価格
¥1,613から
(2022/11/5 23:29時点)




ガチの天体撮影はハードル高いですが、スマホでお手軽に試してみるのもなかなかおもしろいですよ。



関連記事
スポンサーサイト



非公開コメント

プロフィール

TーStudio

Author:TーStudio
色々工夫しながら星空を楽しんでいます。
興味あるカテゴリを選択してお楽しみください。

カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
アクセスカウンター